September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

42 entries categorized "スポーツ"

December 04, 2012

韓国の朴鍾佑 2試合出場停止と罰金 FIFA

 「韓国の朴鍾佑 2試合出場停止と罰金 FIFA」(産経新聞:12月3日)

 甘すぎる。これでは朝鮮人は同じことを繰り返すだろう。相当な裏金を使ったんだろうけど。

 記事を引用する。

 国際サッカー連盟(FIFA)が、ロンドン五輪で竹島(韓国名・独島)の韓国領有を主張するメッセージを掲げた男子の朴鍾佑(韓国)に対し、代表戦2試合の出場停止と3500スイスフラン(約31万円)の罰金処分を科した。韓国サッカー協会が3日、明らかにした。

 国際オリンピック委員会(IOC)が今後、この決定を基に、留保している同選手への銅メダル授与の是非を判断する。

 同選手は3位決定戦で日本を破った試合後にメッセージを掲げた。FIFAは11月20日の規律委員会でこの行為が懲戒規定などに違反したと判断した。韓国協会にも警告処分を出した。(共同)

November 21, 2012

五輪で竹島メッセージの韓国選手に処分決定 FIFA

 「五輪で竹島メッセージの韓国選手に処分決定 FIFA」(産経新聞:11月21日)

 処分は決定したが、発表はまだ。どうせ大甘な処分なのだろう。朝鮮人を甘やかすとろくなことがないのだが。わしはチーム全員のメダルを剥奪すべきと考えている。政治をオリンピックの世界に持ち込んだのだから。これまでの処分例からしてもその程度は当然だろう。できれば今後、韓国サッカーチームをオリンピック出場停止にしてほしいのだが。けど、朴鍾佑にメダルを授与しないという程度なのだろう。期待しないで発表を待つことにする。

 記事を引用する。

 国際サッカー連盟(FIFA)の広報担当者は20日、ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦で日本を破った韓国の朴鍾佑が竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げたことへの処分について「20日の規律委員会で決定した。両国協会に通告し、近日中に発表する」と述べた。

 FIFAと国際オリンピック委員会(IOC)は試合会場での政治的活動を禁じていて、朴鍾佑は銅メダル授与を留保されている。

(共同)


October 20, 2012

竹島と似ている“やり口”…問題うやむやでW杯予選に出場

 「【北川信行のサッカーなんでやねん】 竹島と似ている“やり口”…問題うやむやでW杯予選に出場」(産経新聞:10月20日)

 ロンドン・オリンピックで竹島領有を主張するプラカードを掲げた朴鍾佑(パク・ジョンウ)が、国際試合に平然と出場した。モラルも糞もない朝鮮人。やった者勝ちか? 日本はマジメに対応するだけ馬鹿だ。もっと強硬に出ないといけない。

 記事を引用する。

 ロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦後に、韓国選手が竹島領有を主張するプラカードを掲げた問題で、朝鮮日報(日本語電子版)などの韓国メディアは18日、国際サッカー連盟(FIFA)が韓国協会に「追加調査が必要と判断した。これまでの主張以外に韓国協会や選手の立場をめぐり提出するものがあれば、27日までに出すように」と通知したと報じた。

 この問題をめぐっては、当初は5日のFIFA規律委員会で何らかの処分が出る予定だったが、結論がまとまらず、翌週に再度、話し合いの場を持つことになっていた。その後は表立った動きはなかったが、今回の韓国協会への通知で、処分決定はさらにずれ込む可能性が高くなった。

 英字紙コリア・タイムズ(電子版)は韓国協会幹部の話として「前例のないケースなので、FIFAは慎重になっているのでは…」との観測を伝えるとともに、韓国協会会長が来週にもチューリヒのFIFA本部を訪れ、担当者と話し合いを行う予定であることを明らかにした。

 一方で、16日にテヘランで行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラン-韓国戦で、問題の選手が先発出場を果たした。

 出場停止や罰金などの処分が正式に決まっていないので、その選手がW杯予選などの代表戦に出場しても何ら文句のつけようはないのだが、“灰色状態”であることをいいことに、平然と代表メンバーに選び、試合に出場させるのには違和感を覚える。

 その“やり口”は、国際司法裁判所への共同提訴に応じず、問題をうやむやのままにして実効支配を続ける竹島の手法と似ている気がしてならない。日本の立場としてはやはり、延び延びとなっているFIFAの判断を待つだけではダメなのではないだろうか。

September 12, 2012

阪神の金本が引退

 「阪神の金本が引退」(産経新聞:9月12日)

 金本選手、お疲れ様でした。

 できれば代打専門でも現役でいて、プロ野球記録をもっと塗り替えていって欲しかったんですけど。

 記事を引用する。

 1万3686イニング連続フル出場の世界記録を持つプロ野球阪神の金本知憲外野手(44)が今季限りで現役引退することが12日、分かった。球界関係者が明らかにした。同日午後に記者会見する。

 金本は広島・広陵高から東北福祉大を経て1992年にドラフト4位で広島に入団。2003年に阪神に移籍し、リーグ優勝に貢献。05年にもリーグ制覇に導き、最優秀選手に輝いた。

 近年は右肩の故障の影響に苦しみ、今季は109試合に出場し、打率2割5分8厘、4本塁打、26打点だった。通算成績は歴代7位の2532安打。474本塁打、打率2割8分5厘。

 産経新聞の別記事で、引退会見の一問一答が載っているので引用する。

 プロ21年目となる今季限りでの現役引退を決意したプロ野球阪神の金本知憲外野手(44)は12日、兵庫県西宮市内で記者会見し、「幸せな野球人生でした」などとときに笑顔で、ときに声を詰まらせながらグラウンドを去る思いを語った。一問一答は次の通り。

 「突然お集まりいただいて、私、金本は今季限りでユニホームを脱ぎ、引退する決意をいたしました。きょう、発表させてもらいます」

 --引退を決意した今の率直な気持ちは

 「うーん。ホッとした一面もあるし、悔いもありますし、寂しい気持ちもあります。いろんな気持ちが混ざっているが、ホッとしたのがかなり占めている」

 --悔い、とは

 「悔いは悔いといってもいろんな悔いがある。若いときにもっとバットを振っておけばよかったとか、もっともっと自分を鍛えたり、練習したりしておけば、もっともっといい数字が残ったのではという悔い。やっぱり、肩をけがしてから全盛期のプレーをめざしてやってきたが、数字的にできていなくて、悔いがあった。多少は来年もチャレンジしたいという悔いもある」

 --いつ引退を決意したのか

 「いつかは分からないが、10日前くらいから考え始めまして。決断はおとといくらいですかね」

 --決断した理由は

 「いろいろ、理由はたくさんある。自分に対する限界かな、という思いも。時代の流れで、若手に切り替わる中で、いつまでもいいときのパフォーマンスを出せない自分がいるのも肩身が狭い思いがあった。体がしんどい思いもあります」

 --きのうも代打でヒットを打った。このタイミングは

 「まあ、ちょっと。10日前にどうしようかと(話が)出た中で、自分の中で10日後にと勝手に設定した。できれば試合のない日がよかったが、先行して記事が出るのがいやだったので。なぜきょうといわれても、ないです」

 --和田監督にはいつ伝えた

 「きのうの試合前ですね。(和田監督は)『もう決めたのか』、と。和田さんもずっと一緒に2003年から打撃コーチで。監督は『来年も再来年も、どんな形でもカネはチームのためにやってくれるんだと思っていた』といわれた。肩を壊してからは気を使ってくれて、復活も期待してくれて、応えられなかった。『すいませんでした』と伝えました」

 --プロ生活を振り返って

 「もっとやっとけば、もっといい数字を残せたという思いと、よく(1492試合)フルイニングというつらい記録をつくったとか、よく頑張ったという思いもある。とくに、この3年間は惨めというか、自分がみっともなくて、自分でかわいそうというとおかしいが。最初と最後の3年は、こんなに苦しい人生はあるんだっていう3年だった」

 --一番記憶に残ることは

 「21年間ですか。ありすぎて一言ではいえないが、たどってみると、最初の3年間はずっと2軍で、出始めのときは練習がきつくてついていけず、いつ首になるかときつかった。それからレギュラーになって、一つは(広島)カープで優勝できなかったのがすごく残念。FA(フリーエージェント)して(阪神)タイガースにきてからは、いきなり優勝。03年、05年と2回も。いい思い出というか、タイガースの歴史の中で一番強くて、お客さんが入って、人気があるときにプレーできて幸せな野球人生だった」

 --さまざまな記録の中で、一番誇りに思うのは

 「僕の中では、後輩にいっているのは、(1002打席)連続無併殺記録。打率が下がるところで全力で走って、ゲッツーにならなかった。内野安打にならないところで全力プレーし、フルイニングよりも誇りに思う」

 --現在、OBの田淵幸一氏の474本塁打に並んでいる

 「シーズンが始まって楽勝でいけると思っていたんですが(笑い)。なんとか、1本打ちたいです」

 --家族にはいつ伝えたのか

 「子供にいったら大泣きしていました。『いつかやめるんだぞ』、と。母親には一番はじめに伝えました。(母親からは)『これから体のケアをしてくれ』、と。(言葉を詰まらせ)それだけです」

 --残りのシーズンは

 「20試合ないんですかね。優勝したりいい思いをして、肩を壊してからは迷惑ばっかりかけてたので…」

 --ファンに伝えたいことは

 「かなり落ちぶれてからはバッシングも多かったが、こんな成績でも一生懸命…。励ましてくれたものもあるというか。弱ったときに支えてくれた人は、本当に恩に着ます」

 --金本選手にとって、野球とは

 「長嶋(茂雄)さんではないですけど、人生そのものですね。本当にまあ、野球人生で、10歳から初めて7割8割はしんどいことで。2割3割の喜びや充実感しかなかったが、でも少しの2割3割を追い続けて、7割8割苦しむ。本当、そんな野球人生でした」


September 06, 2012

「これが日本の文化だ」全米が絶賛した、なでしこの写真

 「『これが日本の文化だ』全米が絶賛した、なでしこの写真」(産経新聞:9月6日)

 記事を引用する。

 日本中を寝不足にしたロンドンオリンピックが終わった。日本選手はがんばって史上最多の38個のメダルを獲得、日本を包むけだるい閉塞(へいそく)感から、しばしわれわれを解放してくれた。

 なぜか日本ではあまり大きく紹介されなかったが、オリンピック期間中にアメリカで報道され大きな反響を呼んだ日本選手の写真があった。写真を掲載したのは米NBCニュースのウェブサイトで、日本人選手というのはなでしこの宮間あや選手だった。フランスとの準決勝を2-1で制した直後、宮間選手は芝生に座り込み呆然(ぼうぜん)としているフランスのカミル・アビリー選手に歩み寄り、彼女の肩を両手でそっと押さえ慰めている。そんなふうに見える写真だった。

 NBCニュースのナタリア・ヒメネス記者は「試合後に双方が握手やハグで互いに健闘をたたえることはあっても、相手側の選手を慰めるシーンはめったにみることはできない」と報じた。もう一枚の写真には、2人がともに芝生に座り込み、疲労困憊(こんぱい)したアビリー選手が宮間選手の身体に手をかけながら何か語りかけているシーンが写っていた。(フジサンケイビジネスアイ)

 ヒメネス記者は「数分前まで死闘を演じた後、勝者は敗者をいたわり、敗者もまたそれを受け入れている。精根をかけて戦った後、このオリンピアン(宮間選手)は真のスポーツマンシップを見せてくれた」と結んだ。

 読者からの反応は圧倒的だった。「スポーツをする人すべての見本だ」「宮間の能力、精神、行動、すべてが本物のオリンピアンだ」「これが日本の文化だ。日本人は敗者に対しても礼節と尊敬を忘れない」「日本の女子サッカーチームには真のオリンピック精神と気品がある」

 さらにコメントは脱線気味に続く。「宮間はワールドカップの決勝後もアメリカのゴールキーパー、ホープ・ソロを慰めていた。ソロだったら試合後に相手を慰めるなんてしない」「君はソロを知っているのか? なんで彼女ならやらないなんていうんだ」。ピッチの外は騒々しかった。が、ほとんどの読者が、宮間選手の謙虚さと思いやりに感動したとのコメントを寄せた。「JOCは彼女たちの帰国便をファーストクラスにアップグレードすべきだ」のコメントもあったが、これには筆者も同感だ。

 近代五輪は過度に商業化され、莫大(ばくだい)なお金が動くイベントになった。薬物の使用や政治問題の持ち込みなど、トラブルも絶えない。が、宮間選手の行為は世界中の人々に「スポーツを通じて友情、連帯、フェアプレーの精神を培い相互理解することにより世界平和を目指す」というオリンピック精神を思い起こさせてくれたに違いない。

 これらの写真が世界に与えたであろう日本と日本人に対する好ましいイメージは、首相の訪問外交や何百億円のODA(政府開発援助)のバラマキでもかなわない。(実業家 平松庚三)


September 03, 2012

森高千里「やっぱり緊張」西武戦で始球式

 「森高千里『やっぱり緊張』西武戦で始球式」(産経新聞:9月3日)

 観に行きたかったなあ。試合はどうでもいいけど。

 記事を引用する。

 歌手の森高千里(43)が2日、西武ドームで行われた西武-ロッテで始球式を務めた。(サンケイスポーツ)

 この日の試合は「パナソニック愛情サイズマッチデー」と銘打たれ、同社のCMキャラクターを務める縁で登場した。ワンバウンドのストライク投球で場内を沸かせ「始球式は今まで全く経験したことがなかったです。思ったより空間が広かったので、やっぱり緊張してしまいました」と話した。

August 11, 2012

【サッカー女子】ドイツ紙が主審の判定批判 なでしこ不運、米選手のハンドとらず

 「【サッカー女子】ドイツ紙が主審の判定批判 なでしこ不運、米選手のハンドとらず」(産経新聞:8月10日)

 事実であれば残念なことだ。まあ何にせよアメリカが強かったということだが。

 記事を引用する。

 ドイツの全国紙ウェルト(電子版)は9日、「PKが与えられなかったせいもあって日本は銀以上のメダルを取れなかった」と報じ、サッカー女子の決勝を担当した自国出身のシュタインハウス主審の判定を批判した。

 問題とした場面は前半、宮間のFKがペナルティーエリア内にいた米国選手の手に当たったのに、ハンドにならなかったこと。同主審は日米が対戦した昨年の女子ワールドカップ(W杯)決勝でも笛を吹いた実力者。だが、同紙は「シュタインハウス、決勝で失敗」の見出しを掲げ、明らかな誤審と記した。(共同)

【バドミントン】「中国に巻き込まれた」 2組失格の韓国

 「【バドミントン】『中国に巻き込まれた』 2組失格の韓国」(産経新聞:8月2日)

 いつもながら他人のせいにするのは得意なようだ。鼻糞が目糞に。

 記事を引用する。

 ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで無気力試合をしたとして出場2組が失格となった韓国では2日、「中国ペアの『わざと負け』に巻き込まれた」(東亜日報)などと対戦相手の中国の犠牲になったとの反応が目立った。

 一方で、「中国側の出方に適切に対応しなかった」(聯合ニュース)として、韓国選手の落ち度を指摘する声も少なくない。また、2組のうちインドネシアと対戦したペアは積極的に手を抜いたとみられ、インターネット上では「失望した」「観客に対して失礼だ」などの書き込みが相次いだ。(共同)

中国も韓国もやり方が稚拙すぎ 制度悪用で「無気力試合」の結末

 「中国も韓国もやり方が稚拙すぎ 制度悪用で『無気力試合』の結末」(産経新聞:8月2日)

 目糞鼻糞。

 記事を引用する。

 バドミントン女子ダブルス1次リーグの「無気力試合」には笑った。テレビでさわりを見たが、サーブでわざとネットに掛けたり、相手のイージーなショットを見逃したり…。中国ペアも韓国ペアも、決勝トーナメントの組み合わせを見据えての「わざと負け」狙いだが、やり方が稚拙すぎる。

 専門家には「あ、やってるな」と見破られても、観客はまったく気づかない。世界のトップクラスなら、それくらい巧妙な「無気力試合」をやってみろ、というのもヘンだが、これでは子供だましにもならない。結局4組8選手が失格になったが、五輪を冒涜した点ではIOCが忌み嫌うドーピングと同レベルの行為ではないか。

 バドミントンは、団体球技のように今回から4組に分けての1次リーグを導入した。「これまでの一発勝負のトーナメント制に比べ、間違いなく実力が発揮できるという純粋な考えから導入された」(日本協会広報)という。しかし、一部選手がこれを悪用した。個人競技には不向きな制度の弊害が、早くも生じたことになる。

 この五輪では柔道や体操などで審判の不手際が相次ぎ、不信感が強まる中での醜態。「勝つために最大の努力をしなければならない」などの規則に則って世界ランク1位だろうが、優勝候補だろうが有無を言わせず失格にした世界バドミントン連盟の、毅然とした態度が唯一救いになった。

 日本の藤井、垣岩ペアも騒動に巻き込まれ「2位通過のため台湾に意図的に負けた」とインドから抗議があったが、連盟は取り合わなかったという。こんな騒ぎを2度と起こさないためにも、「無気力」が入り込む余地のない一本勝負のトーナメントに戻すしかない。(サンケイスポーツ 今村忠)

五輪で不祥事続出!韓国人絡みが大半で改めて朝鮮人の民度の低さに世界中が迷

 「五輪で不祥事続出!韓国人絡みが大半で改めて朝鮮人の民度の低さに世界中が迷惑」(正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現)

五輪で不祥事続出!韓国人絡みが大半で改めて朝鮮人の民度の低さに世界中が迷惑・営業妨害、飲酒運転、審判買収、判定にごねる・開催側の不手際で日本も被害に・開会式で日本選手の謎の退場、開催側のミス?日本の要望?

現在開催中のロンドンオリンピックで不祥事が続出している。

そして、不祥事の殆どが韓国人絡みとなっており、改めて韓国人(朝鮮人)の民度の低さに世界中が迷惑を被っている。

━━━━━━━━━━
【今回のオリンピック不祥事まとめ】
(時系列)

1.
7月25日、サッカー女子の北朝鮮の試合で韓国の国旗を表示。北朝鮮の抗議で試合開始が1時間遅れる。26日にキャメロン英首相が謝罪。

2.
7月26日、韓国代表選手たちがロンドンの選手村で営業妨害や他国選手への執拗なつきまとい、韓国代表選手全員を外出禁止

3.
7月27日、ロンドン五輪セーリングの韓国代表コーチが、試合会場のあるウェーマスで飲酒運転をして韓国に送還。

4.
7月27日、開会式でインド選手団の行進中、不審な女性が先頭を行進する。

5.
7月27日、開会式で日本選手の謎の退場 「オリンピック側のミス!」VS「日本の要望で去った」どちらが正しいの?

6.
7月28日、韓国の水泳選手、朴泰桓のフライング取り消し事件がYouTubeで祭りになり世界中から非難の嵐

7.
7月29日、男子柔道66キロ級準々決勝、海老沼匡選手とチョ・ジュンホ選手(韓国)の対戦で明らかな誤審。

8.
7月29日、サッカー男子で韓国のパク・チュヨンがスイスのモルガネラの足を故意に踏みつけイエローカード。韓国が判定の腹いせにスイス選手のサイトへサイバーテロを実行
モルガネラが「韓国人みんなボコボコにしたいぜ。業火に焼かれちまえ。この先天異常者どもが」と正直な気持ちと事実を吐露し、五輪追放!
→スイス主力選手の五輪追放で韓国は予選突破へ大きく前進

9.
7月30日、フェンシング女子で韓国の申アラムが審判買収に失敗して敗退、幼児のようにダダをこねて座り込み、以降の試合運営が大きく遅延
━━━━━━━━━━


【解説や報道など】

1.

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35019636.html
北朝鮮、韓国国旗の誤表示に抗議し試合開始遅れる 五輪サッカー女子
2012.07.26 Thu posted at 11:42 JST

(CNN) 25日に英グラスゴーで行われたロンドン五輪サッカー女子の北朝鮮対コロンビア戦で、会場の大型スクリーンに誤って韓国の国旗が表示され、北朝鮮チームがこれに抗議して一時ピッチから引き揚げるハプニングがあった。試合は1時間以上遅れて開始した。
(以下略)

7月25日に行われたロンドンオリンピックサッカー女子予選リーグ[北朝鮮-コロンビア戦]試合前に北朝鮮チームの選手を紹介する会場のスクリーンに南朝鮮の国旗が誤って表示されるという事態が起こりました
7月25日に行われたロンドンオリンピックサッカー女子予選リーグ[北朝鮮-コロンビア戦]試合前に北朝鮮チームの選手を紹介する会場のスクリーンに下朝鮮の国旗が誤って表示される

北朝鮮の監督が猛抗議

選手も抗議のためピッチをあとに


2.
【韓国】ロンドン選手村で営業妨害やつきまとい、韓国選手外出禁止

http://www.london2012.com/torch-relay/news/
7月27日に開幕予定のロンドンオリンピック選手村にて、韓国代表選手のマナー違反が問題となっている。

各国選手は開幕1ヶ月前より順次選手村での滞在を開始しているが、一部韓国代表選手(種目/選手名は非公開)が食堂での営業妨害や他国選手へのつきまとい行為を繰り返した末、26日に韓国代表選手全員一部指定時間を除いて、外出時の監視又は外出禁止の措置が取られることとなった。

今回の措置は暫定的なもので1週間とされており、今後の様子を見た上で、期間の延長を検討するとのこと。

事件を目撃した他国選手の話では、食堂施設のバイキング韓国料理ブースでトラブルを起こしイギリス人料理人に殴りかかったとのこと。その場は周りの他国選手達が取り押さえ沈静化したが、こういったトラブルはたびたび目撃されており、今回の暫定措置に至ったと見られている。


3.

http://london2012.nikkansports.com/sailing/news/f-sp-tp0-20120728-990696.html
韓国代表コーチが飲酒運転で本国送還
 ロンドン五輪セーリングの韓国代表コーチが、試合会場のあるウェーマスで飲酒運転をして韓国に送還されたと27日、AP通信が伝えた。

 このコーチは市長主催の歓迎会で飲酒後に車を運転し、250ポンド(約3万1000円)の罰金を受けた。
 [2012年7月28日8時30分]


4.
五輪開会式に謎の女性紛れ込む インド選手団と仲良く行進し、その後逃亡
五輪開会式に謎の女性紛れ込む インド選手団と仲良く行進し、その後逃亡
映像を確認すると、選手たちと異なる赤色の上着を着て青色のズボンをはいた女性が、選手団の先頭付近で、旗手のすぐそばを歩いているのが分かる。 黄色のインド選手団との組み合わせは、いわゆる創価学会3色旗を示しており、政治的な意味合いがあるのか?


5.
何故、日本選手団だけ全員退場させる・ロンドンオリンピック開会式の前代未聞

http://getnews.jp/archives/238132
ロンドン五輪日本選手の謎の退場 「オリンピック側のミス!」VS「日本の要望で去った」どちらが正しいの?
2012.08.01 05:48
2012ロンドン五輪\開会式

昨日報じたロンドンオリンピック開会式に起きた日本選手が、謎の退場を行うというトラブル。これには数々の憶測が飛び交い未だにハッキリとした答えが出ていない。何故日本人選手だけがトラックから外れることになったのか。新たな情報を元にガジェット通信は再度まとめ直すことにした。
まず、憶測として挙げられているのは次の通りである。

・誘導のミス
・選手の調整のため
・トラックに入りきらないため人数を削った
・そもそも日本以外の選手も退場していた

このようにどれも納得いくようなどれも信じがたい内容である。そんな中、朝日新聞が報じた記事には「調整を優先し…」と書かれていた。具体的には次の通りである。

“日本選手団は、入場行進の95番目に登場した。(中略)調整を優先し、参加した選手はわずか四十数人。スタジアムを一周しただけで、旗手を残し、すぐ会場を後にした。”

これが正しければ、誘導ミスでもなければ強制退場でもない、ということになる。これで決着がついたかと思いきや、Twitterでは別の論を発言する者が登場した。タリーズコーヒージャパン設立者である松田公太氏が「文科省・JOCに確認したところ、「オリンピック組織委員会のミスで日本選手団は全員『退場』させられた」とツイート。朝日新聞の記事とは真っ向しているのである。

JOCに確認したのならこっちが正しいだろうと思った人も多いはず。しかし今度は海外で同じくTwitterにより発言した者が居た。AP通信記者のスティーブ・ウィルソン(Steve Wilson)氏が「LOCOG confirmed that Japanese team in opening ceremony left stadium after doing lap in athletes march. Was their request.」と発言。要約すると、「LOCOG(ロンドンオリンピック組織委員会は開会式の途中で日本チームが抜けた事実を認めた。それは日本チームの要望である」と書かれている。つまり日本側から退場を求めたとなっている。スティーブ氏が確認したのはLOCOG(ロンドンオリンピック組織委員会)。

スティーブ・ウィルソン氏の意見と、先ほどの松田公太氏の意見が真っ向にぶつかる形となった。退場させられたのか、退場を要求したのかでは全く異なる。このスティーブ・ウィルソン氏のツイートを誰かが松田公太氏見せたところ、「開催側はそう言うでしょうね。今は試合に集中してもらいたいので、後日選手団への確認が必要」と返事。

結局どちらの意見が正しいのかわからないままである。オリンピックが閉会するまでは混乱を避けるために正式な発表は避けているのだろうか。それともスティーブ・ウィルソンが取材した内容が正しいのか。


6.

速報:朴泰桓「失格」取り消し 決勝へ=競泳男子400自由形
聯合ニュース 7月28日(土)23時52分配信
(本文略)

■動画
Park Tae-Hwan false start
http://www.youtube.com/watch?v=MYlzwjLwS2s

そして、銀メダルを獲得!
速報:朴泰桓「失格」取り消し 決勝へ=競泳男子400自由形

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/swim/swimming/1/20120729-OYT1T00259.htm
一度失格の朴が銀、連覇逃す…男子400自由形
2012年7月29日04時00分 読売新聞

 ロンドン五輪の競泳は28日、男子400メートル自由形決勝が行われ、前回北京大会を制した朴泰桓(韓国)が銀メダルを獲得、2連覇を逃した。

 朴は予選で一度失格になったが、取り消され、決勝へ進んだ。


7.
●関連記事
審判買収と捏造報道は韓国のお家芸!
柔道で韓国がまた審判買収も露骨過ぎて判定覆る
「海老沼がチョ・ジュンホの勝利を認めた!」韓国メディアが相次ぎ報道
鄭夢準会長「2002WCで審判を買収して韓国が4強にいった」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4740.html
審判委員が主審、副審3人を呼び、協議・・・再度判定して白三本で日本の海老沼選手判定勝ちに覆る
●まとめ
(コメント欄より)
――――――――――
【異例の旗判定取り消し=海老沼あわや敗者に―柔道男子66キロ級〔五輪・柔道〕】

試合を見れば明らかに韓国のお家芸である
「買収」
ということがはっきりわかります。

まず試合の序盤からとにかく韓国側は胴着をだらだらさせます
帯に手をかけて直すではなく余計にだらりとさせるケースもあり、
なにより規定ぎりぎりの七分袖。
相手につかまれにくくすることで有利にする
そうした韓国柔道の基本中の基本をきっちり守っていたようです。

で、試合はというと

韓国選手が腕折りの反則技を海老沼にかけるも審判スルー
(海老沼はこれで腕を痛める)
(本来はここで反則で終了)

延長時間に入り、海老沼が有効を奪い試合終了
と、誰もがそう思っていたら第四の審判(ジュリー)が物言いをつけ
「有効取り消し」で試合続行

それでも海老沼が試合を優勢に進めて延長終了

判定で主審副審3人とも青旗を揚げて韓国勝利

場内大ブーイングの嵐
(篠原は「買収や!買収や!」というような口の動き)

この大ブーイングに審判全員その場に凍り付く

1分を超えても全くやまないブーイングにジュリーが協議要請

主審と副審が協議し、判定やり直しに

主審副審とも白旗(海老沼)に覆り海老沼の勝利

場内大歓声

韓国側選手、抗議のためか暫く畳の上から降りない

ジュリー含め審判みんなが買収されていたのでしょう。
そしてあまりに露骨なインチキ判定に対して、
観客が猛烈な抗議の大ブーイングをおこし、
これに審判達が完全にびびってしまいました。

そして仕方なく「誰か一人くらい白あげてもいいだろ」
とやったら3人とも白をあげちゃった
というのがほんとのところだろうと思います。

五輪の会場で猛烈な大ブーイングというのも異常ですし、
判定が覆るのも異常です。
買収事件と言い切っても良いと思います。

2012/07/31(火) 12:22:16 | URL | # #- [ 編集 ]
――――――――――


8.

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120731-00000157-yom-spo
韓国選手へ差別発言…つぶやいたスイス選手追放
読売新聞 7月31日(火)8時20分配信

 スイス・オリンピック委員会は30日、サッカー男子代表のミシェル・モルガネラ(23)が、ツイッターで差別的発言をしたとして、出場資格を剥奪し、選手団から追放したと発表した。同委員会によると、モルガネラは29日の韓国戦に敗れた後、ツイッターに「韓国選手は精神的におかしい」などと書き込んだ。

韓国人を侮辱するコメントをツイッターに投稿したスイスのサッカー男子代表DFミシェル・モルガネラ(右)=29日(ロイター)

http://qoly.jp/index.php/news/11207-olympic-20120731-swiss
モルガネッラ、韓国人差別のツイートで代表追放
2012年 7月 31日(火曜日) 09:31 Football Magazine Qoly

モルガネッラ、差別発言を投稿し代表から追放

7月30日、スイスのオリンピック委員会は「差別的なツイートを行ったため、ミシェル・モルガネッラを代表から追放した」と発表した。

事の始まりは7月28日、ロンドン五輪サッカー競技GL第2節の韓国対スイス戦の71分の出来事である。パク・チュヨンとの接触プレーでミシェル・モルガネッラが転倒。このプレーに対して主審は、パク・チュヨンのファウルと判定してイエローカードを提示した。

試合後、このプレーに怒った韓国サポーターが、モルガネッラのフェイスブックに殺到し、あれはダイブだと批判のコメントを次々と書き込む炎上騒ぎに発展。

これに切れたミシェル・モルガネッラは、自身のツイッターに「韓国人みんなボコボコにしたいぜ。業火に焼かれちまえ。この先天異常者どもが」と投稿。

後にモルガネッラはこれに謝罪しツイッターのアカウントを削除したものの、事態を重く見たスイスオリンピック委員会がモルガネッラをチームから追放した
(以下略)


9.

http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120731/fen12073110380001-n1.htm
韓国女子選手、舞台に座り込み 判定に抗議、競技1時間遅れに
2012.7.31 10:35 [フェンシング]

ドイツのハイデマンとの対戦で判定を不服としてピストに座り込む韓国の申アラム(ロイター)
 フェンシング女子エペ個人の準決勝で、申アラム(韓国)が判定を不服としてピスト(舞台)に座り込み、3位決定戦と決勝が約1時間遅れて開始される事態となった。

 5-5のままお互いに譲らなかったが、最後に北京五輪覇者のハイデマン(ドイツ)が延長戦の残り1秒で決勝点を奪った。AP通信によると、これに申アラムやコーチ陣が時間を過ぎてからの得点と抗議したが、判定は覆らなかった。

 3位決定戦でも敗れ、メダルを逃した。「五輪でメダルを取るために4年間頑張ってきたのにわずか1秒でそれが消えてしまった。判定を受け入れることはできない」と話した。(共同)

より以前の記事一覧