September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

12 entries categorized "アニメ・コミック"

November 27, 2009

のだめカンタービレ#23

Nodame_23 二ノ宮知子「のだめカンタービレ#23」(講談社)

 ついに最終の23巻が本日(27日)に発売され、読了。丁度インフルエンザが治った後、他人に伝染さないよう、部屋でずっと1巻から22巻まで読んだところ。グッドタイミングな発売でした。まあ、連載誌「KISS」を可能な限り立ち読みしていたのでストーリーはわかっていたんだけどね。少女マンガのコーナーで立ち読みするのは少し恥ずかしかったけど。変態オヤジみたいだし。

 めでたしめでたし。わしも久しぶりに「打ち込み系」やろうかなあ。

 ところで、アンコール編が後日掲載されるようなので要注意だ。

Nodame_23dvd 二ノ宮知子「DVD付き限定版 のだめカンタービレ#23」(講談社)
 それから、DVD付き限定版もあることに後で気付いた。いつもは付録が人形とかなので気にも留めなかったが。もう1冊買おうかなあ。

November 26, 2009

「ラピュタ祭り」

 26日の産経新聞に「『ラピュタ祭り』サーバーも“バルス”」という記事がある。やっぱ「ラピュタ」は人気あるんだなあ。だいぶ昔のアニメだけど。

 でも「ラピュタ」を知らない人がこの記事の見出しを見ても意味わからんぞ、“バルス”って。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 日本テレビ系列で20日に放映されたアニメ映画「天空の城ラピュタ」について、ネット上でユーザーがテレビを見ながら感想などを書き込む「ラピュタ祭り」が自然発生、2ちゃんねるでは複数の掲示板が書き込み不能となるトラブルも発生するほどの盛り上がりを見せた。背景には、映画を改編した面白動画の「40秒で支度しな」「見ろ!人がゴミのようだ!」などの名せりふが、幅広い世代に浸透したことがあるとみられる。ツイッターでも書き込みが集中したが、サーバーダウンは免れた。
 ↑ここまで

June 13, 2009

新装版 うる星やつら 34

Urusei34 高橋留美子「新装版 うる星やつら 34」(小学館)

 第34巻のMy Lumは星野之宣である。わしはヤング・ジャンプを創刊号から数年間購読していて、そのときにこの作者の「妖女伝説」を初めて読んだ。衝撃的だった。単行本も買った。あと「2001夜物語」や「宗像教授伝奇考」などの単行本も持っている。

 イラストはSFに出てくる美女のようなラムちゃんである。カラー印刷で載せて欲しいと本気で思う。

 それにしても全34巻。最初から最後までパワー全開で笑わせてくれる。もう高橋留美子先生には脱帽だ。わしは親子2代で楽しませてもらっている。全巻読み直したのは、ほぼ20年振りだ。

 表紙の絵:
  ラム、おユキ、弁天、ラン、レイ、竜之介、しのぶ、テン、面堂終太郎、コタツネコ、サクラ、あたる、チェリー

 目次:
  1.ボーイミーツガール ACT.1 まっくろけ
  2.ボーイミーツガール ACT.2 嫁に来ないか
  3.ボーイミーツガール ACT.3 別れの朝
  4.ボーイミーツガール ACT.4 ハートのIgnition
  5.ボーイミーツガール ACT.5 再開のラビリンス
  6.ボーイミーツガール ACT.6 結婚するって本当ですか
  7.ボーイミーツガール ACT.7 ねじれたハートで
  8.ボーイミーツガール ACT.8 こまっちゃうな
  9.ボーイミーツガール ACT.9 どうにもとまらない
 10.ボーイミーツガール ACT.10 ないものねだりのI Want You
 11.ボーイミーツガール ACT.11 Fin

 完全データファイル:
  いつから好きだったの!?あたるからラムへの恋心

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  生まれたカップルの数は…

 My Lum:
  星野之宣 「漫画・アニメ界における永遠のアイドル・ラムちゃん」

June 12, 2009

新装版 うる星やつら 33

Urusei33 高橋留美子「新装版 うる星やつら 33」(小学館)

 第33巻のMy Lumは諸星大二郎である。おどろおどろしい画風の作者である。わしはヤング・ジャンプを創刊号から数年間購読していて、そのときにこの作者の作品を初めて読んだ。衝撃的だった。

 その諸星氏が書いたラムちゃんはというと…。金棒がいい味を出している。あと、コメントにある「よく来たな、モロボシ」というのが最高によい。爆笑だ。必読。


 表紙の絵:
  ラム

 目次:
  1.馬と令嬢
  2.愛と勇気の花一輪;前編
  3.愛と勇気の花一輪;中編
  4.愛と勇気の花一輪;後編
  5.一夜の攻防戦;前編
  6.一夜の攻防戦;後編
  7.乙女バシカの恐怖
  8.ヤギさんとチーズ
  9.月に吠える
 10.ハートをつかめ
 11.秘湯を求めて

 完全データファイル:
  諸星あたると★のめぐり合わせ

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  あたるが宇宙へ飛んだのは…

 My Lum:
  諸星大二郎 「よく来たな、モロボシ」

June 11, 2009

新装版 うる星やつら 32

Urusei32 高橋留美子「新装版 うる星やつら 32」(小学館)

 第32巻のMy Lumは羽海野チカである。あの「ハチミツとクローバー」の作者だ。丸っぽい絵柄のラムちゃんとテンちゃんがそこにいる。


 表紙の絵:
  ラム、あたる

 目次:
  1.極めよ、貧乏道
  2.思い出は時限爆弾
  3.タコを呼ぶ笛
  4.飛べ、愛の伝書鳩
  5.潔癖の要塞;前編
  6.潔癖の要塞;中編
  7.潔癖の要塞;後編
  8.渚のフィアンセ;前編
  9.渚のフィアンセ;後編
 10.朝顔、怒りの逆襲
 11.怒れ、シャーベット

 完全データファイル:
  テンの毎日が日曜日!!自由気ままな幼児の謎に迫る!!

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  ランちゃんの普段着は…

 My Lum:
  羽海野チカ 「ラムちゃんは私に『マンガ』に必要なものをたくさん教えてくれました。」

June 10, 2009

新装版 うる星やつら 31

Urusei31 高橋留美子「新装版 うる星やつら 31」(小学館)

 第31巻のMy Lumはあずまきよひこである。有名な「あずまんが大王」の作者だ。ほのぼのとしたラムちゃんである。


 表紙の絵:
  ラム、あたる

 目次:
  1.愛の脳天逆落とし;前編
  2.愛の脳天逆落とし;後編
  3.花より桜もち
  4.モグラの嫁とり
  5.呪われたタマゴ
  6.失われた記憶
  7.扉を開けて
  8.愛と哀しみの果て
  9.明日なき暴走
 10.夢の扉
 11.明日へもういっちょ

 完全データファイル:
  サクラ コタツネコ おユキ…誰が一番強いのか!?

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  ラムのハイテクメカは…

 My Lum:
  あずまきよひこ 「ラムにうちの子を会わせに行こうと思った」

June 09, 2009

新装版 うる星やつら 30

Urusei30 高橋留美子「新装版 うる星やつら 30」(小学館)

 第30巻のMy Lumはさそうあきらである。わしは以前再刊された「漫画アクション」を購読していたのだが、そのときさそうあきらの「コドモのコドモ」が連載されていたので、最後まで読んだことがある。

 このイラストを見て、わしもチェリーになりたいなー、と思った。

 表紙の絵:
  ラム

 目次:
  1.七面鳥逃げた
  2.おまえのひみつをしっている
  3.おとなの恋の物語;前編
  4.おとなの恋の物語;後編
  5.饅頭こわい
  6.怒りの空中戦
  7.カマクラ伝説
  8.霊魂とデート
  9.極彩のペアルック
 10.別世界への招待
 11.ダーリンの本音

 完全データファイル:
  就職先としての面堂家!!お仕事図鑑

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  飛麿がどつかれた回数は…

 My Lum:
  さそうあきら 「最近のラムさんは…」

June 08, 2009

新装版 うる星やつら 29

Urusei29 高橋留美子「新装版 うる星やつら 29」(小学館)

 第29巻のMy Lumは北条司である。「キャッツ・アイ」や「シティー・ハンター」の作者であることが一目でわかる。画風が昔と変わっていないからだ。当時から完成された綺麗な絵を描いていたと思う。ツノがなかったら可愛いセーラー服の女子高生にしか見えない。

 表紙の絵:
  ラム、レイ、ラムのとうちゃん、ラムのかあちゃん、テン、ドラネコ

 目次:
  1.電飾の魔境=その1=
  2.電飾の魔境=その2=
  3.電飾の魔境=その3=
  4.電飾の魔境=その4=
  5.マジカルハット
  6.情熱の赤い靴
  7.プリマの星をつかめ
  8.箱宇宙に秘められた過去
  9.電気仕掛けの御庭番;前編
 10.電気仕掛けの御庭番;後編
 11.校長殴打事件

 完全データファイル:
  実は影のモテ番長!?コースケという男の真実!!

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  キツネは誰に化けたか…

 My Lum:
  北条司 「高橋先生初めまして。」

June 07, 2009

新装版 うる星やつら 28

Urusei28 高橋留美子「新装版 うる星やつら 28」(小学館)

 第28巻のMy Lumはくらもちふさこである。残念ながらわしはこの作者のマンガを読んだことが無い。

 表紙の絵:
  ラム

 目次:
  1.星に願いを
  2.口づけ●速達小包
  3.兄妹★愛の闘い;前編
  4.兄妹★愛の闘い;後編
  5.怒りのプール
  6.つるつるソープ
  7.浜茶屋の夏
  8.風鈴樹の音色
  9.夏の家庭訪問
 10.妖精のパラソル
 11.写真の中の女

 完全データファイル:
  諸星家の大黒柱はなぜ細いのか?父の素顔

 とにかくカウントしてみたっちゃ!:
  藤波父のワードローブは…

 My Lum:
  くらもちふさこ 「時代が求めているヒロイン・ラムちゃん」


October 20, 2007

「ガラスの仮面」音楽劇

Garasunokamen 産経新聞のページに「『ガラスの仮面』主役誰に 蜷川氏演出劇に応募殺到」という記事がある。抜粋する。

 ↓ここから
 彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)で来年夏に上演される人気漫画「ガラスの仮面」の音楽劇で、主人公2人の役を埼玉県芸術文化振興財団が公募したところ、全国から約2300人の応募があったことが20日、分かった。倍率1000倍以上の激戦に、財団は選考のスケジュールを大幅に変更するなど対応に追われている。

 財団が公募したのは主人公の北島マヤと、ライバルの姫川亜弓役。公募は既に締め切ったが、昭和51年連載開始のロングセラーとなった人気少女漫画であることに加え、財団芸術監督の蜷川幸雄氏が演出するとあって「ぜひ指導を受けたい」との応募も多く、財団によると、蜷川氏も反響の大きさに「すごいね」と驚いているという。
 ↑ここまで

 演劇もいいけど、作者にはやはりマンガの方を進めて欲しい。

人気blogランキングへ→banner_01

より以前の記事一覧