September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« わずか2時間…初日会合だけで結論 規制庁担当者「予想外」 | Main | 日米安保は無効? 国連の「敵国条項」かざす中国の危険 »

December 11, 2012

「科学的判断」? 年代・地層の変位…明確な根拠なし

 「『科学的判断』? 年代・地層の変位…明確な根拠なし」(産経新聞:12月11日)

 やっぱり科学的根拠なし。こんなんで白を黒に変えられたら何でもアリだ。政府・民主党を許してはいけない。

 記事を引用する。

 10日に開かれた原子力規制委員会の専門家調査団による評価会合で、日本原子力発電敦賀原発(福井県)の敷地内の断層の一種「破砕帯」が「活断層」との見解で一致した。「全会一致」の結論となったが、今回の結論に至るまで十分な議論が尽くされたとは言い難い。原電の調査はまだ継続中で、活断層とされた破砕帯についても未解明の点も多い。規制委が繰り返してきた「科学的な判断」といえるかどうか、そして結果が妥当かどうか、今後議論を呼ぶ可能性もある。

 「十数万年前に浦底断層と同時にずれたと考えられる。そういう結論でよろしいでしょうか」

 調査団の座長役で、原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理は、会議の最後にそう締めくくると、委員からも目立った反論は出なかった。苦渋の表情を浮かべる原電の担当者。

 評価会合で焦点となったのが、1、2日に行われた現地調査で新たに確認された破砕帯だった。当初、活断層の可能性が指摘されていた「D-1破砕帯」の約8メートル西側で見つかった破砕帯で、D-1よりも新しい地層で変位が見られた。

 争点は2点に絞られた。この破砕帯がある地層の年代と、D-1との関係についてだ。

 「それほど古いものではない。おそらく十数万年前の地層だろう」。堤浩之・京都大准教授は断層面の状況などから、年代を推定。他のメンバーから特段の異論は出なかった。

 D-1との関係が焦点になったのは、国の指針では活断層の上に原子炉など重要施設を設置することを禁止しているからだ。D-1は2号機の直下を走っており、今回の調査で見つかった破砕帯がD-1だと、指針に抵触する可能性が出て来る。

 評価会合では、破砕帯について「D-1そのものの可能性が高い」「D-1とされているものがD-1ではない可能性がある」などの意見が相次いだ。

 しかし、D-1との関連を裏付ける明確な根拠は示されなかった。今回の調査で見つかった破砕帯は、試掘溝(トレンチ)調査で、穴を掘った部分でしか確認されていない。破砕部分がどこまで延びているかは謎だ。宮内崇裕・千葉大教授も「D-1との関係はさらに西側を調査しないと分からない」と指摘した。

 年代やD-1との関係性について、明確な根拠がないまま、「活断層」との結論へと突き進む議論に、原電の担当者もたまらず声を上げる。「関連情報を速やかに用意するので、追加調査をさせていただきたい」。しかし、島崎委員長代理は「私たちは今あるデータで総合的に判断させていただく」と退け、約2時間の評価会合を終了させた。


« わずか2時間…初日会合だけで結論 規制庁担当者「予想外」 | Main | 日米安保は無効? 国連の「敵国条項」かざす中国の危険 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56320716

Listed below are links to weblogs that reference 「科学的判断」? 年代・地層の変位…明確な根拠なし:

« わずか2時間…初日会合だけで結論 規制庁担当者「予想外」 | Main | 日米安保は無効? 国連の「敵国条項」かざす中国の危険 »