September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「総選挙・税制改革―豊かな人への課税を」と嫉妬心丸出しの朝日新聞 | Main | 「責任ある行動」を 遊説で不在の嘉田由紀子知事に滋賀県会議長が申し入れ »

December 12, 2012

北朝鮮がミサイル発射

 「北朝鮮がミサイル発射」(産経新聞:12月12日)

 なぜ沖縄上空を飛来したミサイルを打ち落とさなかったのか。

 記事を引用する。

 【ソウル=加藤達也】北朝鮮は12日午前、北西部の「西海衛星発射場」から、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルを発射した。同ミサイルの発射は、失敗に終わった4月に続いて今年2回目。日米韓政府は「国連安全保障理事会決議違反に当たる」として強く中止を要求していたが、北朝鮮側は発射を強行した。安保理は直ちに4月の発射時を上回る強力な制裁の検討に入る見通しだ。北朝鮮側の激しい反発も予想され、朝鮮半島をめぐる情勢は一気に緊迫度を増すことになる。

 16日の日本の総選挙や19日の韓国大統領選の行方にも影響を与えそうだ。

 ミサイルは4月の発射の際に既に準備されていた予備機とみられる3段式で、日本政府の官邸危機管理センターによると、午前9時49分、平安北道鉄山郡東(トン)倉(チャン)里(リ)の発射場から南方の黄海上空へ打ち上げられた。ミサイルと「衛星」が予定の高度や軌道に達したかは不明だ。

 北朝鮮は今回、国際海事機関(IMO)などへの事前通報を通じ、1段目は韓国西方沖の黄海、2段目はフィリピン東方沖の太平洋に落下すると予告。米国や日本、韓国は周辺海域などにイージス艦を派遣しミサイル探知や追尾を進めた。

 北朝鮮は今年を「強盛国家」建設の年と位置づけるが、経済難克服のメドは立たず、政権を世襲した金(キム)正(ジョン)恩(ウン)第1書記の正当性や求心力を高めることが最重要課題だった。年2度の発射に踏み切ったのも年内に失敗を取り返し、威信の回復を図る狙いからとみられる。

 北朝鮮は今月1日、「光明星3号」2号機を10~22日までの間に運搬ロケット「銀河3号」で打ち上げると予告。10日には、1段目のエンジン制御システムに技術的欠陥が見つかったとして、発射予告期間を29日まで1週間延長すると発表していた。

« 「総選挙・税制改革―豊かな人への課税を」と嫉妬心丸出しの朝日新聞 | Main | 「責任ある行動」を 遊説で不在の嘉田由紀子知事に滋賀県会議長が申し入れ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56325826

Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮がミサイル発射:

« 「総選挙・税制改革―豊かな人への課税を」と嫉妬心丸出しの朝日新聞 | Main | 「責任ある行動」を 遊説で不在の嘉田由紀子知事に滋賀県会議長が申し入れ »