September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「惨敗民主党―『責任野党』の姿見せよ」と民主党を擁護する朝日新聞 | Main | 大敗、未来の嘉田代表「滋賀知事の責務を全う」 任期満了…明言せず »

December 18, 2012

「総理は独りよがり」「自爆テロ解散」 田中文科相が痛烈批判

 「『総理は独りよがり』『自爆テロ解散』 田中文科相が痛烈批判」(産経新聞:12月18日)

 ただの負け惜しみ。

 「自爆テロ解散」って、今言っても不謹慎だろうが。口も頭も悪い婆は消え失せて欲しい。

 記事を引用する。

 田中真紀子文部科学相は18日、閣議後の記者会見で、衆院選で民主党が壊滅的敗北を喫したことについて「解散時期が適切ではなかった。独りよがりで周りの意見を聴かず、他人の土俵に乗ってしまった」と述べ、野田佳彦首相を痛烈に批判した。さらに、今回の解散を「自爆テロ解散」と命名していたことを明かし、「惨敗するだろうと思っていたが、その通りになった」と述べた。

 田中文科相は、野田首相の解散判断について、「自民党から『辞めなさい』『いつ解散するのか』と、単純な二言をずっと言われて、極めて独りよがりに決断した」と指摘。「今まで民主党が発信してきたことを継続するのだったら、党代表を変えるとか、8月の任期いっぱいまでやって成果を出す方法はあったと思う」と述べた。

 田中文科相は、解散直後の会見で「閣僚だから言わない」としていた解散の命名について、「自爆テロ解散」だったと明かし、「その通りになった。惨敗するだろうと思っていた。あのときは不謹慎だと思っていわなかった」と述べた。

« 「惨敗民主党―『責任野党』の姿見せよ」と民主党を擁護する朝日新聞 | Main | 大敗、未来の嘉田代表「滋賀知事の責務を全う」 任期満了…明言せず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

« 「惨敗民主党―『責任野党』の姿見せよ」と民主党を擁護する朝日新聞 | Main | 大敗、未来の嘉田代表「滋賀知事の責務を全う」 任期満了…明言せず »