September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 未来・嘉田氏「マスコミのために生きてるのではない」 | Main | 「総理は独りよがり」「自爆テロ解散」 田中文科相が痛烈批判 »

December 18, 2012

「惨敗民主党―『責任野党』の姿見せよ」と民主党を擁護する朝日新聞

 「惨敗民主党―『責任野党』の姿見せよ」(朝日新聞:12月18日社説)

 社説から抜粋して意見を書く。

 「落胆している暇はない。この3年間の教訓をふまえ、民主党はみずからの政策と組織を根本から鍛え直してほしい」

 無理だろう。民主党には反省するとか考え直すということがない。何様の積もりなのかしらないが、自分たちが一番正しいと思い込んでいる。だから国民を規制する様々な法律を出すのだろうし、国民の面倒を見てやるというかのように手当てをバラまき、生活保護の支給を緩和する。国防や安全保障では更にひどい。「日本列島は日本人だけのものではない」ようにした3年間であったといえる。

 「ことあるごとに党内で内紛が起き、分裂を繰り返す。『ムダの排除などで16.8兆円の新規財源を生み出す』などといった無責任なマニフェストがまかり通る」

 実現不可能なマニフェストを主張する野合でしかない政党を支持し、政権交代に向かわせたのは誰か。不偏不党の報道機関であるはずの朝日新聞である。よくぞこれだけ他人事のように書けるものだ。自分たちの主張が間違っていたとは言えないのか。糞新聞だ。

 「やられたらやり返す。そんな不毛な政治の混迷を乗り越えることは、民主党が政権に復帰したときに必ず生きる」

 一体民主党が何をやられたというのか。自民党は卑屈なほど民主党に協力していた。これも国政や震災復興を考えてのことだ。政権を取る前の民主党のように、何が何でも自民党に反対して国政を混乱させることはなかった。朝日新聞は、自民党を未だに悪く書き、民主党を擁護している。自らの反省は皆無だ。この点は朝日新聞も民主党も左翼も全く同じだ。

 社説を引用する。

 政権を担うということが、いかに難しく、厳しいものか。

 総選挙で衝撃的な惨敗を喫した民主党は、そのことを身をもって学んだに違いない。

 衆院に小選挙区比例代表並立制が導入されて18年。6度目の総選挙の結果は、想定されていた二大政党制の姿とはほど遠い「自民党一人勝ち」の様相となった。

 それでも、野党第1党にふみとどまった民主党の役割はいぜん大きい。

 包括的な政策の体系と全国規模の組織をもち、政権がつまずけばいつでも交代する用意がある。そんな野党の存在が、民主主義には欠かせないからだ。

 落胆している暇はない。この3年間の教訓をふまえ、民主党はみずからの政策と組織を根本から鍛え直してほしい。

 振り返れば、あまりにも未熟だった。

 ことあるごとに党内で内紛が起き、分裂を繰り返す。「ムダの排除などで16.8兆円の新規財源を生み出す」などといった無責任なマニフェストがまかり通る。

 今回の惨敗は、そうした民主党政権に対する民意の「懲罰」の意味合いが濃い。

 一方で、将来世代への責任を果たそうとしたことが、少なくとも二つあった。

 消費増税をふくむ社会保障と税の一体改革と、「2030年代の原発ゼロ」である。

 09年総選挙で、民主党は「増税の前にやるべきことがある」として消費増税を否定した。

 それは、将来世代にツケを回すことにほかならない。それに気付いたからこその増税への転換だったのではないか。

 注目したいのは、今回の総選挙のマニフェストに「将来世代の声なき声に耳を傾ける」という理念を新たに掲げたことだ。

 来夏の参院選に向け、党をあげてこの理念を具体的な政策の体系にまとめてはどうか。

 所属議員は激減した。だがその分、一体感のある議論がしやすくなったとも言える。

 有権者の耳に痛い政策を、いかに説得力をもって打ち出すか。政権を担った経験をそこに生かしてほしい。

 もう一つ、求めたいのは建設的な「責任野党」の姿を今度こそ見せることだ。

 政権が行き過ぎるようなことがあれば、ブレーキ役を果たすのは当然のことだ。同時に、協力すべきは協力する。

 やられたらやり返す。そんな不毛な政治の混迷を乗り越えることは、民主党が政権に復帰したときに必ず生きる。

Nomoreasahisinbun_2

« 未来・嘉田氏「マスコミのために生きてるのではない」 | Main | 「総理は独りよがり」「自爆テロ解散」 田中文科相が痛烈批判 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56369777

Listed below are links to weblogs that reference 「惨敗民主党―『責任野党』の姿見せよ」と民主党を擁護する朝日新聞:

« 未来・嘉田氏「マスコミのために生きてるのではない」 | Main | 「総理は独りよがり」「自爆テロ解散」 田中文科相が痛烈批判 »