September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日本未来の党は立候補の資格なし | Main | 「ミサイル早く上げて」藤村官房長官が地元で失言 »

December 07, 2012

「赤旗」配布の元公務員2人、無罪と有罪確定へ 最高裁が上告棄却

 「『赤旗』配布の元公務員2人、無罪と有罪確定へ 最高裁が上告棄却」(産経新聞:12月7日)

 国民への奉仕者たる公務員が国家を否定する政治活動をしたらダメだろう。それなら別の仕事に就けよ。

 ということで、どちらも有罪にすべきなのだが。この最高裁判決は禍根を残す。

 千葉勝美裁判長には、国民審査で×印を付けることにする。

 記事を引用する。

 衆院選前に共産党の機関紙「しんぶん赤旗」を配ったとして、国家公務員法違反罪に問われた元社会保険庁職員、堀越明男被告(59)と元厚生労働省課長補佐、宇治橋真一被告(64)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は7日、上告を棄却した。堀越被告を逆転無罪とした2審判決、宇治橋被告を罰金10万円とした1、2審判決がそれぞれ確定する。

 国家公務員の政治的行為を禁じた同法の規定が、表現の自由を保障した憲法に違反するかどうかが争点だった。2事件の違いは、職場での肩書などに限られていたが、結論の見直しに必要な弁論は開かれず、無罪と有罪に分かれた2審の判断が維持された。

 規定をめぐっては、選挙の候補者ポスターを掲示した郵便局職員が同法違反罪に問われた「猿払事件」の最高裁大法廷判決(昭和49年)が合憲と判断。今回、判例変更の判断をする大法廷には、審理が回付されなかった。

 堀越被告は平成15年10~11月、東京都中央区内のマンションなどに赤旗を配布したとして起訴された。1審東京地裁は罰金10万円、執行猶予2年としたが、2審東京高裁は「休日に職務と関わりなく行ったもので、行政の中立性や国民の信頼確保を侵害するとはいえない」と逆転無罪を言い渡した。

 宇治橋被告は17年9月に世田谷区の警視庁職員住宅に赤旗を配布したとして起訴され、2審東京高裁は「政治的偏向の強い行為で、放任することによる弊害が軽微とはいえない」として、罰金10万円とした1審東京地裁判決を支持した。

« 日本未来の党は立候補の資格なし | Main | 「ミサイル早く上げて」藤村官房長官が地元で失言 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56279486

Listed below are links to weblogs that reference 「赤旗」配布の元公務員2人、無罪と有罪確定へ 最高裁が上告棄却:

« 日本未来の党は立候補の資格なし | Main | 「ミサイル早く上げて」藤村官房長官が地元で失言 »