September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「勝手な国民増えた」橋下氏の街頭演説で騒然 | Main | 「非核三原則―橋下氏は認識不足だ」って、朝日新聞は認識不足だ »

November 20, 2012

「金融緩和―安倍発言の危うさ」って、また社是の安倍叩きか、朝日新聞

 「金融緩和―安倍発言の危うさ」(朝日新聞:11月20日社説)

 タイトルには、「また社是の安倍叩きか、朝日新聞」と書いたんだけど、こればかりは朝日新聞の言い分にも首肯できてしまう。

 戦後からこれまでの場合、朝日新聞の社説と反する政策をとれば、日本は正しい方向に進むことができた。

 今回はどうなのだろう。

 もしかしたらわしの考えが間違っているのだろうか。そう思いたい。

 記事を引用する。

 総選挙に向け、自民党の安倍総裁が「大胆な金融緩和」発言をエスカレートさせている。先週末には「建設国債をできれば日銀に全部買ってもらう」と踏み込んだ。

 財政の健全性を守るという基本原則への配慮が希薄で、強い不安を抱く。

 安倍氏の主張は、日銀が国債などの金融商品を無制限に買って、本気でインフレを目指していると市場が受けとめれば、「今のうちにモノを買ったり、つくったりしたほうが得だ」という心理が広がり、経済が活性化するというものだ。

 インフレ期待が高まれば、為替も円安に動き、輸出企業の業績が回復して株価が上がり、景気が良くなるという。

 さらに、政策が軌道に乗るまでは、建設国債を日銀に買わせて公共事業を拡大し、「国土を強靱(きょうじん)化する」と訴える。

 しかし、いいことずくめの話には必ずリスクがある。

 インフレへの予想が本当に強まれば、今の超低金利の国債は価値が下がる。そこで、国債を大量に保有する銀行が一斉に売り抜けようとすると、金利が急騰する。国債発行による政府の資金調達に支障が出る。

 国内のすべての債券の金利が2%上がれば、銀行全体で12.8兆円の損失が出ると推計されており、欧州のような財政と金融が絡み合った複合的な危機になる恐れがある。銀行の貸出金利も上がる。

 こうした危うさのなかで、さらに公共投資で財政を拡大し、その財源となる国債を日銀に引き受けさせていこうという感覚は、理解できない。

 公共事業もある程度は必要だが、財政の持続性や費用対効果を精査すれば、どれだけのものが正当化されるだろうか。資金調達で最初から日銀を当てにしているのなら、なおさら疑ってかかられよう。

 私たちは社説で、金融緩和が国の財政の尻ぬぐいと見なされないよう求めてきた。

 中央銀行の信用を傷つけることでもたらすインフレは、健全とはいえない。不況のままインフレだけが進むスタグフレーションという現象もある。

 消費や投資の拡大に伴って物価が上がることが本来の姿だ。それには新産業の育成などを通じて、雇用が増え、賃金が上がるという期待を国民が持てるようにする必要がある。

 日銀への要求の前に、「賃金デフレ」を強いる企業の行動に変化をもたらす環境をどう整えるのか。その道筋を示していくことが政治のつとめだろう。


« 「勝手な国民増えた」橋下氏の街頭演説で騒然 | Main | 「非核三原則―橋下氏は認識不足だ」って、朝日新聞は認識不足だ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56176328

Listed below are links to weblogs that reference 「金融緩和―安倍発言の危うさ」って、また社是の安倍叩きか、朝日新聞:

« 「勝手な国民増えた」橋下氏の街頭演説で騒然 | Main | 「非核三原則―橋下氏は認識不足だ」って、朝日新聞は認識不足だ »