September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ダライ・ラマが国会内で講演 安倍氏にスカーフ 中国は案の上反発 | Main | 虫酸が走る »

November 14, 2012

「マニフェスト―バラ色に染めるな」って、それで民主党を支持し続けたのは朝日新聞だろうが

 「マニフェスト―バラ色に染めるな」(朝日新聞:11月14日)

 バラ色で実現不可能なマニフェストであったにもかかわらず、社説や記事で民主党を支持し続けたのは朝日新聞であった。3年前のことだ。

 「責任ある構想を示してほしい」などと言う前に、自らの報道姿勢を読者に謝罪すべきではないのか。抜けしゃあしゃあと言うことではない。

 社説を引用する。

 衆院の年内解散が取りざたされるなか、各党がマニフェスト(政権公約)づくりを加速させている。

 民主党は次の公約素案をまとめ、各地で政策進捗(しんちょく)報告会をスタートさせた。各党とも、現実的で説得力のある政策を競いあってほしい。

 もっとも、昨今、マニフェストの評判は芳しくない。その責任の多くは民主党にある。

 09年総選挙で、民主党は予算の見直しなどで16.8兆円の財源を確保するバラ色の公約を掲げ、破綻(はたん)した。

 消費増税法を成立させたことは野田政権の功績だが、公約にはなく、結果的に有権者を裏切ることになったことも事実だ。

 守れない約束をし、痛みを分かち合う必要性には目をつぶる。そのことが、深刻な政治不信を招いた。首相が「過ちは心から率直におわびする」と国会で陳謝したのは当然である。

 それでも、マニフェストの意義は損なわれていない。

 政策を裏づける財源や達成時期をマニフェストに明記し、実行し、検証して改善する。それを有権者が政治を評価する際のモノサシとして使う。

 もちろん、限界はある。

 国の財政に限りがあり、経済のグローバル化が進むなか、政治のとりうる選択肢は、じつは多くない。政党がマニフェストで国民受けを狙ったり、無理に対立軸をつくったりすると、逆に政治に混乱をもたらす。

 民主党の「甘い公約」に懲りた有権者は、その点にも厳しい目を向けている。各党ともそのことを忘れてはなるまい。

 首相は、民主党のマニフェストに環太平洋経済連携協定(TPP)推進の方針を盛り込むという。自民党との違いを際立たせるねらいだが、民主党内にも異論は多い。議論を尽くし、まずは党内をまとめてほしい。

 「脱原発」を掲げるにしても、スローガンだけでは説得力に欠ける。工程表をつくり、本気度を示してはどうか。

 一方、自民党の安倍総裁は領土外交に強い姿勢で臨むとしつつも「中国、韓国との関係改善をはかる」という。では、具体的にどんな戦略を描くのか。政権復帰をめざすというなら、責任ある構想を示してほしい。

 「第三極」を名乗る各党にも求めたい。原発や消費増税、TPPなど基本政策で主張に違いがある。連携する場合は、それぞれがマニフェストを作成したうえで、整合性ある統一マニフェストを掲げるべきだ。

 こんどこそ、実りある政策論議を聞きたい。

Nomoreasahisinbun_2

« ダライ・ラマが国会内で講演 安倍氏にスカーフ 中国は案の上反発 | Main | 虫酸が走る »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56174507

Listed below are links to weblogs that reference 「マニフェスト―バラ色に染めるな」って、それで民主党を支持し続けたのは朝日新聞だろうが:

« ダライ・ラマが国会内で講演 安倍氏にスカーフ 中国は案の上反発 | Main | 虫酸が走る »