September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 年内解散なら選挙無効も 横路衆院議長が異例文書「憲法上の義務ではない」 | Main | 野田首相:「16日に解散」表明 党首討論で »

November 14, 2012

「被爆の実相理解していない」 橋下氏「核廃絶は現実には無理」発言で広島市長

 「『被爆の実相理解していない』 橋下氏『核廃絶は現実には無理』発言で広島市長」(産経新聞:11月14日)

 橋下氏の意見が正当。アメリカの原爆投下の問題と、核兵器廃絶とは次元が違う。戦後の米ソの核兵器開発競争により、第三次世界大戦が勃発せず、冷戦で終わったという事実を考えないといけない。

 記事を引用する。

 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長が10日に遊説先の広島市で「核廃絶は現実には無理」と発言したことについて、広島市の松井一実市長は14日の記者会見で「被爆の実相を理解していない方の発言ではないか。実相を知ればおのずと違ってくる」と疑問を呈した。

 松井市長は「日本は民主主義の国だからいろんな考えがあることは認める」と述べた上で、「オバマ米大統領のように核兵器廃絶に向け理想を求めている政治家もいる」と指摘。「忙しいだろうが、いろんな機会に広島で被爆の実相を見てもらうよう橋下氏に呼び掛けたい」と述べた。

 橋下市長は同日、自身の発言を批判した広島県の湯崎英彦知事に対し、「核廃絶だけを叫んでいても何も動かない。訴えるだけの政治はだめだ」と反論した。大阪市役所で記者団に語った。

« 年内解散なら選挙無効も 横路衆院議長が異例文書「憲法上の義務ではない」 | Main | 野田首相:「16日に解散」表明 党首討論で »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56174711

Listed below are links to weblogs that reference 「被爆の実相理解していない」 橋下氏「核廃絶は現実には無理」発言で広島市長:

« 年内解散なら選挙無効も 横路衆院議長が異例文書「憲法上の義務ではない」 | Main | 野田首相:「16日に解散」表明 党首討論で »