September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 人権救済法案審議入りを断念 政府・民主党 | Main | NHKに流れた復興予算8億円「風評被害払拭」のため »

November 13, 2012

部落解放同盟に人権問題を語る資格なし

 「部落解放同盟に人権問題を語る資格なし」(せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』:11月11日)

 当然でしょう。自分たちの人権のためには他人の人権を侵害しても平気なのだから。

 投稿を引用させてもらう。

 部落解放同盟に人権問題を語る資格なし

 大津虐め自殺、橋下出自記事騒動、尼崎別人写真掲載問題に沈黙

 ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

政府、人権救済法案提出を閣議決定…民主党の支持組織の一つ「部落解放同盟」などが成立求める

 政府は9日午前の閣議で、法務省の外局に人権救済機関「人権委員会」を設置する法案を今国会に 提出することを決定した。同日午後に提出する。同法案は、人権侵害に対する救済や予防を目的に 国家行政組織法に基づく「三条委員会」を設置する内容。

 滝実法相は閣議後の記者会見で、2002年に小泉内閣が提出した「人権擁護法案」に触れ、「10年ぶりに政府として国会に提出する運びになったことの重みを感じながら、審議入りを目指して努力したい」と述べた。ただ、月末までの今国会中の法案成立は厳しい情勢だ。 

 http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_545163

>今国会中の法案成立は厳しい情勢だ。 

 自公の分断を狙う民主党・野田首相が最後のあがきとして持ち出してきたので、必ずしもそう楽観は出来ないと思います。公明、社民は賛成するでしょうし、国民の生活が一番なども明確な態度表明はありません。

 自民党なども同じで公明党への配慮なのか、安倍総理自らが先頭に立って法案を阻止する動きになっていません。自民党が絶対反対を打ち出せば、成立する可能性は殆どないと思いますが、現在のところはまだ分かりません。

 これを法務省の役人と結託して進めているのは部落解放同盟なる犯罪者集団ですが、人権侵害を糾弾することを得意としている割には、自分達以外の人権侵害事件にはまったくと言って良いほどに無関心です。

 滋賀県大津市の中学校の虐め自殺問題

 橋下大阪市長の出自と血脈報道騒動

 尼崎角田美代子別人写真報道

 これらの問題で部落解放同盟は一切動きがありませんでした。このような組織が関与する人権侵害救済機関の設置などどのような意味があるというのでしょう。

 hasisita

 この記事に部落解放同盟が沈黙したのには驚きました。まさか、誰一人同盟員の人が見なかったということはないでしょう。橋下をハシシタと思わせぶりな表現。奴の本性・・・がどうしても被差別部落出身者と考えられる父親のDNAや出自から来ていると書いたのです。

 本来なら部落解放同盟はその組織の全てを動員して抗議すべき案件でした。なぜやらなかったのか? 答えは極めて簡単です。

 書いたのが朝日新聞社で書かれたのが橋下維新の会代表であったからです。自分達以外のことに関しては全く無関心を装うような人達に社会問題や差別問題を論じる資格があるのかと問いたい。

 部落解放同盟が名指しで書かれている箇所がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 阪神タイガースの野球帽をかぶった関西弁丸出しのおっさんは、こんな話から始めた。「橋下さんの父親は水平社あがり(被差別部落出身)で、それに比べて母親の方は純粋な人やと思う。これは私の持論なんやけど、一般的に子どもは親父の精子が80%(以下略。ここからは女性蔑視丸出しの表現が続く)」

--------------------------------------------------------------------------------

 「強かった。相撲も強かった。なんでそんなに相撲強いのって聞いたら、『奈良の少年刑務所で相撲しとった』って言ってた。いまはどうか知らんけど、奈良の少年刑務所にはその頃、相撲道場があったらしい。ピッキャン(橋下市長の父親の通称・故人)は八尾の安中の生まれやけど、子ども時代から悪くて有名やったらしいねん」橋下之峯(父親の名前)の出身地の八尾市安中地区には被差別部落がある。

-------------------------------------------------------------------------------

 http://www.data-max.co.jp/2012/10/23/post_16448_dm1701_1.html より引用

 ここまで書かれて沈黙している部落解放同盟って何でしょう? もう存在感さえ失われてしまったのでしょうか。

 滋賀県大津市の問題もそうでした。あれほどの人権侵害事件なのに、部落解放同盟は全く沈黙していた。それは加害者側の親が部落解放同盟の関係者であると指摘されていたからです。この点についても何ら反論していませんね。

 ネットでもそのことが広く伝わり批判されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なぜこのように一人の生徒をいじめ、自殺するまで追いやった加害者の親が偉そうに、自分の子供が殺された親を攻められるのか?
それはこの親がPTA会長だけでなく、ヤクザまがいの人権団体に属しており、「犯罪者のわが子かわいさで」なんとかして自分の子の正当化をしたいがために、「被害者をただの自殺」として決め付け、被害者の親を「人権」を盾にして責めているのである。
この行為は絶対に許されるべきではない。


« 人権救済法案審議入りを断念 政府・民主党 | Main | NHKに流れた復興予算8億円「風評被害払拭」のため »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56174394

Listed below are links to weblogs that reference 部落解放同盟に人権問題を語る資格なし:

« 人権救済法案審議入りを断念 政府・民主党 | Main | NHKに流れた復興予算8億円「風評被害払拭」のため »