September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国議員団が竹島上陸 国政監査理由に日本の中止要請受け入れず | Main | 中国、レアアース輸出最低 日本向け急減、資源戦略裏目 »

October 25, 2012

「臨時国会―自民党は度量を見せよ」と未だに民主党に肩入れする朝日新聞

 「臨時国会―自民党は度量を見せよ」(朝日新聞:10月25日社説)

 「民主党はもう、単独で政治を前に進める力を失っている」というのであれば、解散・総選挙をするのが筋であって、野党に協力を求めるのは間違っている。朝日新聞は未だに民主党に肩入れしているのだ。

 朝日新聞は、自民党政権時代に散々自民党を叩きまくった。安倍首相への批判記事の嵐はもはや「報道テロ」であった。以後の福田、麻生政権でも、民主党への政権交代を主張し続け、「政権のたらい回し」を批判し、解散・総選挙を求めていた。しかし、民主党政権になってからは、政権与党への攻撃は影をひそめ、野党が与党に協力しない事を批判するようになった。民主党政権も3代の首相が政権をたらい回しにしているが、批判は一切ない。朝日新聞の記事はどれもこれも、ご都合主義であるといえる。

 社説を引用する。

 与野党激突ムードのなか、臨時国会が召集される。

 参院の自民党は野田首相の所信表明演説にも、法案の審議にも、応じない構えだ。先の通常国会で首相に対する問責決議が可決されたためという。

 こんな子どものけんかのような足の引っ張り合いを、いつまで続けるのか。ほとほとうんざりする。

 自民党の安倍総裁には、よくよく考えてもらいたい。

 審議に応じ、政治を前に進める。かつて長く政権を担った責任政党の度量を、いまこそ見せる時ではないか。

 「近いうち」の衆院解散の時期を明らかにしない首相へのいらだちは分からなくはない。野党の不信を招いた首相の責任はたしかに大きい。

 だが、解散権を握っているのはあくまで首相である。野党が審議を拒めば、赤字国債発行法案や衆院の「一票の格差」を正す法案の成立が遅れ、かえって解散・総選挙を先送りする口実を与えることになる。

 しかも審議拒否が長引けば長引くほど、予算執行の抑制は続き、国民に深刻な影響を及ぼすことになる。いずれ世論の批判が自民党に向かうことは目に見えている。

 民主党はもう、単独で政治を前に進める力を失っている。

 言い換えれば、自民党が主導権をもって政治を動かすことができるということだ。そんなチャンスに、国民のくらしを人質にとって審議拒否をする愚は犯すべきではあるまい。

 臨時国会で自民党がなすべきことは明らかだ。

 首相が求める赤字国債発行法案と、衆院の「0増5減」法案を成立させる。社会保障をめぐる国民会議の人選を急ぐ。

 赤字国債発行法案を予算案と一体で成立させるルールを作っておくことも、無用の政治の混乱を防ぐうえで意義がある。

 ほかにも国会同意人事で衆院の優越を定めることなど、国会を動かすルールを与野党で合意しておきたい。いずれ自民党が政権に復帰した場合、役立つことは間違いない。

 そうして早期解散ができる環境を整えたのに、首相が解散をためらうようなら、その時は大いに批判すればいい。自民、公明との3党首会談で「だらだらと政権の延命を図るつもりはない」と語った首相の言葉が食言ということになるからだ。

 野田首相にも言っておきたい。逃げてばかりいてはだめだ。自公両党が求める再度の党首会談に応じ、事態打開に積極的に動くべきだ。

Nomoreasahisinbun_3

« 韓国議員団が竹島上陸 国政監査理由に日本の中止要請受け入れず | Main | 中国、レアアース輸出最低 日本向け急減、資源戦略裏目 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56005775

Listed below are links to weblogs that reference 「臨時国会―自民党は度量を見せよ」と未だに民主党に肩入れする朝日新聞:

« 韓国議員団が竹島上陸 国政監査理由に日本の中止要請受け入れず | Main | 中国、レアアース輸出最低 日本向け急減、資源戦略裏目 »