September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「断固として領土守る意志示す」 安倍自民総裁が米倉経団連会長と会談 | Main | 尖閣は石油目当てと認めていた周恩来 »

October 09, 2012

山中氏ノーベル賞 「科学立国」の牽引役に 世界のiPS細胞誇りたい

 「山中氏ノーベル賞 『科学立国』の牽引役に 世界のiPS細胞誇りたい」(産経新聞:10月9日)

 おめでとうございます。久しぶりに明るい話題で嬉しい。

 民主党が事業仕分けというパフォーマンスで、iPS細胞の研究予算を削ったことは、日本人として覚えておこう。

 社説を引用する。

 日本から四半世紀も遠ざかっていたノーベル医学・生理学賞が、「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」研究で世界をリードしてきた京都大学教授、山中伸弥さんに贈られることになった。東日本大震災と政治の混乱で沈みがちな日本社会に、何よりの朗報だ。「科学立国」の牽引(けんいん)役となろう。

 うれしいことに近年、日本人のノーベル賞が恒例化しつつある。4年前には物理学賞と化学賞で4人、一昨年は化学賞で2人の受賞者を出している。それに続いての快挙である。日本の基礎科学の底力を世界に示すことになった。

 ≪輝く独創性と挑戦精神≫

 山中さんの研究グループは5年前に、あらゆる組織や臓器に変わり得る万能細胞を、ヒトの体細胞から作り出すことに成功した。

 拒絶反応のない臓器移植をはじめとする再生医療の実現に道を開き、医薬品の試験精度を飛躍的に高める研究だ。傷病や難病に苦しむ世界の人々の希望につながる文句なしのノーベル賞である。

 iPS細胞作製のすごさは、生命現象の根幹に迫る研究であることだ。人体は約60兆個の細胞でできているが、その出発点は1個の受精卵だ。受精卵は分裂を繰り返して皮膚や神経などに分化していき、いったん分化した細胞は元の分化前の状態には戻らない。

 この基本原理によって生体は維持されているわけだが、山中さんは皮膚の細胞の核に4つの遺伝子を入れることで、受精卵のように、あらゆる細胞に分化していく能力(万能性)を取り戻させることに成功した。

 人工的な万能性の実現では、胚性幹(ES)細胞が先行していたが、これは人間の受精卵(胚)を壊して作られる。このため米国などでは強い反発があり、研究の壁となっていた。これに対しiPS細胞の作製には、受精卵や卵子を用いない。一挙に生命倫理上の制約が消えた。大多数の研究者が受精卵にこだわっていたときに、山中さんは体細胞だけでの実現を目指して成功した。コロンブスの卵といえる画期的な業績だ。

 iPS細胞は先端科学における画期的発明である。生物学の常識を根底から覆したという点で金字塔的な成果だ。その証拠に世界の生命科学研究が雪崩を打ってiPS細胞へとシフトしている。

 日本国内でも主要大学や研究機関によって、臨床に向けた研究が拡大中だ。脊髄や角膜、網膜、心臓といった各組織をはじめ、糖尿病やパーキンソン病などへの応用が着々と進められている。

 世界中の研究者の参入でiPS細胞という宝の山の頂は、ますます高くそびえ、裾野も広がりを増している。とりわけ、資金にモノを言わせた米国の取り組みはすごい。この研究の流れの源流は日本にあるのだが、川幅は米国が拡大させているのが現実だ。

 ≪続け、若手研究者たち≫

 一昔前まで、日本の技術は応用ばかりと批判されがちだった。しかし、iPS細胞の分野では、その逆転現象が起きている。これは胸を張ってよいことだ。

 iPS細胞の福音は計り知れない。しかし、この技術はヒトの生殖細胞をつくることも可能にしている。現に京大の別グループはiPS細胞で作った卵子からマウスを誕生させたと先日、発表したところだ。ヒトと他の動物の複合体(キメラ)もSFの世界に限られなくなってきている。40億年の生命の歴史を書き換える力も秘めているのだ。

 iPS細胞が内包する「負の側面」についても、今から一般人を交えて議論を深めておくことが、研究と応用の健全な将来発展のために欠かせない。

 科学技術は常に正負の両面を持ち合わせている。原子力利用もそうだ。極微の原子核から膨大なエネルギーを取り出せる一方、制御不能になったときの一大困難を福島第1原子力発電所の事故で痛感したばかりである。

 19世紀は化学の時代、20世紀は物理学の時代、21世紀は生物学の時代といわれる。iPS細胞はその潮流を実証してみせた。

 今回の受賞をきっかけに日本の若手研究者が発奮し、世界をリードしていくことを期待したい。そのためには海外での武者修行に尻込みしていてはいけない。国も研究の短期成果主義を改めて、優秀な若手が大胆な研究に取り組める環境を整えることが必要だ。若手諸君、山中教授に続け。

« 「断固として領土守る意志示す」 安倍自民総裁が米倉経団連会長と会談 | Main | 尖閣は石油目当てと認めていた周恩来 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55855884

Listed below are links to weblogs that reference 山中氏ノーベル賞 「科学立国」の牽引役に 世界のiPS細胞誇りたい:

« 「断固として領土守る意志示す」 安倍自民総裁が米倉経団連会長と会談 | Main | 尖閣は石油目当てと認めていた周恩来 »