September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「支離滅裂な資料」 玄葉外相の尖閣日本名明記指摘で中国 | Main | 「発給は全面的に無期限停止」日本人団員へのビザ拒否 中国当局、台湾楽団の11月公演 »

October 12, 2012

韓国軍に緩み 北兵士亡命察知できず 失態隠しにウソ報告も

 「韓国軍に緩み 北兵士亡命察知できず 失態隠しにウソ報告も」(産経新聞:10月12日)

 目糞鼻糞。

 どちらも反日には血眼になるくせに。

 記事を引用する。

 【ソウル=黒田勝弘】北朝鮮との境界の非武装地帯で先ごろ北朝鮮兵士が韓国に亡命してきたが、韓国軍側はこの兵士が韓国軍の兵舎にやってくるまで越境の事実をまったくキャッチしていなかったことが分かり大問題になっている。

 南北軍事境界線ではこのところ北朝鮮兵士の亡命が相次ぎ、北朝鮮軍の士気低下が指摘されている。しかし、世論は「韓国軍の士気の緩みもひどい」とあきれ、軍当局は対応に追われている。

 亡命事件は2日夜、東西約250キロの南北非武装地帯の東端に近い江原道・高城地域であった。北朝鮮の若い兵士1人が非武装地帯に張られた南北双方の2重の鉄条網を乗り越え韓国側に越境してきた。

 非武装地帯内には南北双方の監視所がある。韓国側の鉄条網は高さ約4メートルで要所、要所に監視カメラや感知装置が設けられ、夜間照明もある。鉄条網を越えるにはかなりの時間と手間が必要だ。最前線の非武装地帯では常時、警備部隊のパトロールが行われ、鉄条網の外側にある兵舎では警備兵が24時間体制で監視にあたっている。

 亡命兵士の越境経路や方法は明らかでないが、鉄条網を乗り越えた後、近くの韓国軍兵舎のドアをたたいて亡命を知らせるまで韓国側が何も知らなかったというのは前代未聞のことだ。

 また現地の軍当局がこの“恥”を隠すため当初、「監視カメラで越境を確認」とウソの報告をしていたことも明らかになり批判を浴びている。


« 「支離滅裂な資料」 玄葉外相の尖閣日本名明記指摘で中国 | Main | 「発給は全面的に無期限停止」日本人団員へのビザ拒否 中国当局、台湾楽団の11月公演 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55888144

Listed below are links to weblogs that reference 韓国軍に緩み 北兵士亡命察知できず 失態隠しにウソ報告も:

« 「支離滅裂な資料」 玄葉外相の尖閣日本名明記指摘で中国 | Main | 「発給は全面的に無期限停止」日本人団員へのビザ拒否 中国当局、台湾楽団の11月公演 »