September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 双日総合研究所副所長・吉崎達彦 「原発ゼロ」がいかに愚の骨頂か | Main | 片田珠美(4)盗撮の陰に「去勢恐怖」 »

October 18, 2012

「米兵の犯罪―沖縄の怒りに向きあう」ってまたか、朝日新聞

 「米兵の犯罪―沖縄の怒りに向きあう」(朝日新聞:10月18日社説)

 朝日新聞は社説で堂々と嘘を書いている。次の一文だ。

 「沖縄で米兵による事件が多いのは、国土の面積の0.6%にすぎないこの島に、在日米軍基地の面積の約74%が集中している現実が根底にある」

 74%というのは、日本における在日米軍専用基地の面積の占める割合であり、自衛隊も利用している在日米軍基地を合わせると、沖縄の基地の割合は25%程度にすぎない。

 朝日新聞は、都合よく数字を作っているのだ。

 次も嘘。

 「安全への心配がぬぐえぬ新型輸送機オスプレイが配備されたばかりだ」

 オスプレイが他の輸送兵器と比べて危険だという根拠はない。恐怖心を煽って米軍に反対させるという、読者を欺く手口だ。

 米海軍兵2人が女性を強姦したのは許せない事件だ。しかし、今回の事件もまた「おきたのは未明」。米軍基地が危険だというのなら、なぜ女性がそんな時間に出歩いているのか。余りにも無防備すぎないか。それが沖縄の風土なのかもしれないが。

 社説を引用する。

 沖縄で、米海軍兵2人が女性への集団強姦(ごうかん)致傷の疑いで逮捕された。

 「正気の沙汰ではない」と、仲井真弘多(ひろかず)知事が述べたのは、当然だ。

 容疑者2人は米国本土から出張で来ていた。事件がおきたのは未明。その日の午前中に沖縄を出てグアムへ行く予定だったという。「沖縄を出てしまえばわかるまい」とでも考えたのだろうか。

 沖縄では、1995年に米海兵隊員3人による少女暴行事件がおき、県民の怒りが燃え上がった。基地の再編や、事件をおこした米兵の扱いをめぐって日米間の交渉が行われた。

 だがその後も、米兵による犯罪はなくならない。性犯罪に限っても、この10年余りで中学生への強姦や強制わいせつ、ほかにも強姦致傷、今年8月にも強制わいせつ致傷の事件がおきた。被害者が泣き寝入りし、表に出ない事件もあるとみられている。

 沖縄では、米軍によって女性や子どもの身の安全を脅かされていると受けとめる人がふえている。

 仲井真知事は「日米地位協定を改定しない限り問題は出てくる」と述べた。

 今回の事件は容疑者を基地外で見つけて警察が逮捕したが、もし基地内に入っていれば、米兵や軍属を手厚く守る協定によって、引き渡しに時間がかかっただろう。ほかの事件では、地位協定があることで米兵や軍属が「軍の公務中だった」といった言い分で、日本側が捜査できなかったことがある。

 重大な事件がおきるたびに少しずつ運用で見直されているとはいえ、沖縄をはじめ米軍基地を抱える自治体は、協定そのものを変えなければ犯罪は減らないという強い思いがある。

 そして沖縄には、安全への心配がぬぐえぬ新型輸送機オスプレイが配備されたばかりだ。不信が募っているときの、この卑劣な事件である。

 日本と米国の協調は大切だ。そのことを多くの人が感じている。だが、今回の事件が火種となって、再び沖縄で反基地の思いが爆発することは十分に考えられる。

 日米両政府は真剣に対策を講じる必要がある。

 沖縄で米兵による事件が多いのは、国土の面積の0.6%にすぎないこの島に、在日米軍基地の面積の約74%が集中している現実が根底にある。

 沖縄の負担をどう分かつか。沖縄の外に住む一人ひとりが考えなくてはならない。

Nomoreasahisinbun

« 双日総合研究所副所長・吉崎達彦 「原発ゼロ」がいかに愚の骨頂か | Main | 片田珠美(4)盗撮の陰に「去勢恐怖」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55950799

Listed below are links to weblogs that reference 「米兵の犯罪―沖縄の怒りに向きあう」ってまたか、朝日新聞:

« 双日総合研究所副所長・吉崎達彦 「原発ゼロ」がいかに愚の骨頂か | Main | 片田珠美(4)盗撮の陰に「去勢恐怖」 »