September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 首相所信表明 「明日への責任」は解散だ | Main | 商文化なき国家 消費「脱中国」こそ国の守り 編集委員・安本寿久 »

October 30, 2012

「臨時国会開幕―報復の連鎖を断ち切れ」って、何でも反対していたのは野党時代の民主党だろうが、朝日新聞

 「臨時国会開幕―報復の連鎖を断ち切れ」(朝日新聞:10月30日社説)

 朝日新聞は社説で、「首相は、所信表明演説で赤字国債法案を駆け引きに使う悪弊を『ここで断ち切ろう』と訴えた。私たちも同感だ」と書く。

 阿呆じゃなかろうか。「悪弊」を行っていたのは野党時代の民主党であって、それを支持していたのが朝日新聞だ。自民党は国益や国民生活を人質にして無理な要求を通すようなことはしていない。「悪弊」は民主党のお家芸なのだ。

 だから「連鎖を断ち切る」というのは間違っている。そして民主だけではなく自民も悪いと読者に印象付けようとしているのだ。朝日新聞は民主党の政権交代に加担した責任を一切取らず、いまだに民主党の肩を持っている。朝日新聞のこのようなメンタリティは民主党と通じるようだし、支那や朝鮮とも似ているではないか。

 本当に、異常な社説である。

 社説を引用する。

 異常な幕開けである。

 きのう、臨時国会が召集され、衆院本会議で野田首相の所信表明演説があった。

 ところが、参院はこれを拒否し、各党の代表質問も行わないという。憲政史上、例のない事態である。

 参院は先の通常国会で首相の問責決議を可決した。だから首相の発言は聞くに値しない。自民党など野党側が、そう唱えたためだ。

 政権にどんな問題があろうとも、あくまで審議を通じてただしていく。それが国会の役割ではないのか。怠慢というほかはない。

 自民党としては、野党が多数を握る参院で野田政権を揺さぶり、衆院の早期解散を迫るのがねらいだろう。

 だが、予算執行に不可欠な赤字国債発行法案や、衆院の一票の格差是正の「0増5減」法案などの処理は喫緊の課題だ。

 参院自民党には、ただちに審議に応じるよう強く求める。でなければ、参院不要論に火をつけ、結局は自分たちの首をしめることになる。

 そもそも「ねじれ国会」が続くなか、参院が政権の命運を左右するほどの力をふるうことが、今回の異常事態を招いたともいえる。

 問責決議を理由に審議を拒んだり、重要法案を人質にとったりするのでは、政治の混迷は深まるばかりだ。

 首相は、所信表明演説で赤字国債法案を駆け引きに使う悪弊を「ここで断ち切ろう」と訴えた。私たちも同感だ。

 赤字国債発行法案は予算と一体で成立させる。問責を決議しても審議には応じる。

 そんな慣例やルールをつくり、政治を前に進める。臨時国会では、そのことに与野党あげて取り組むべきだ。

 一方、首相も野党に求めるだけでなく、譲るべきは譲らねばならない。

 足元の民主党の惨状は目を覆うばかりだ。

 28日の衆院鹿児島3区補選では、民主党推薦の候補が自民党前職に敗れた。離党者も止まらず、きのう新たに2人の衆院議員が離党届を提出し、単独過半数割れまで3議席となる。

 政権に、難局を打開する力が残っていないことは明らかだ。

 自民、公明に再度の党首会談を呼びかけ、解散時期についてより踏み込むなどして、協力を求める。そして互いに報復し合う連鎖を断ち切り、政治を動かす道筋をつける。

 それこそが、野田政権の仕事ではないか。

Nomoreasahisinbun

« 首相所信表明 「明日への責任」は解散だ | Main | 商文化なき国家 消費「脱中国」こそ国の守り 編集委員・安本寿久 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56032341

Listed below are links to weblogs that reference 「臨時国会開幕―報復の連鎖を断ち切れ」って、何でも反対していたのは野党時代の民主党だろうが、朝日新聞:

« 首相所信表明 「明日への責任」は解散だ | Main | 商文化なき国家 消費「脱中国」こそ国の守り 編集委員・安本寿久 »