September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 300円均一の“ヤミたばこ”摘発 西成区の露店で販売 | Main | 「臨時国会開幕―報復の連鎖を断ち切れ」って、何でも反対していたのは野党時代の民主党だろうが、朝日新聞 »

October 30, 2012

首相所信表明 「明日への責任」は解散だ

 「首相所信表明 『明日への責任』は解散だ」(産経新聞:10月30日社説)

 民主党には「責任」感が皆無だ。政策立案や実行能力がないのに、政権にかじりついている。これだけでも日本にとって損失である。有権者との約束であるマニフェストも実質的に反故にしたし、政党間での約束、直近では「近いうち解散」も守ろうとしない。

 結果オーライではあるのだが、外国人参政権や人権擁護法案をエサに在日朝鮮人を衆院選に協力させておきながら、実際には実現させていない。

 それだけではない。自民党政権でも政治家の不祥事はあったが、辞職するなど何らかの責任を取っている。しかし民主党は不祥事に対して知らぬ振りをするか開き直るかで、何ら責任を取ろうとしない。鳩山、菅、そして現首相の野田からしてそうなのだから、全く持って始末に負えない。

 社説を引用する。

 野田佳彦首相の所信表明演説は、現下の政治課題を列挙しただけで、政権がこれから何に、どう取り組もうとしているのかが見えない。

 首相は「明日への責任」を繰り返し、経済対策や東日本大震災の復興、社会保障制度改革国民会議の設置など、懸案を先送りしない「決断する政治」の重要性を強調した。だが、実現の具体策を明示できないようでは、政権を担う正当性や資格に疑念を持たざるを得ない。

 政権延命のためだけに首相の座にしがみつくのなら、無責任の極みだ。一刻も早く解散・総選挙を行うことこそ、野田首相が掲げる「決断する政治」であり、「明日への責任」の取り方である。

 驚いたのは、尖閣諸島の国有化後、初の国会であるのに「尖閣」という言葉が一度も出てこなかったことだ。中国公船が領海侵犯を繰り返すなど尖閣をめぐる危機は緊迫度を増している。

 首相は「領土・領海を守るという国家としての当然の責務を、国際法に従って、不退転の決意で果たす」と述べた。だが、国民が聞きたいのは、一般論ではない。国難にどう備え、いかに立ち向かうかの具体策だ。国民に理解と覚悟を求めることこそ、最高指導者としての責務ではないのか。

 尖閣を守る上で最重要の日米同盟についても、米兵による集団暴行事件への批判や沖縄の基地負担軽減などにとどまった。首相の持論である集団的自衛権の行使容認など、同盟深化に向けた意気込みをなぜ語らないのか。

 島根県竹島への韓国の不法占拠についても、一切触れなかった。中韓両国を刺激しないことが問題解決の近道と思っているのであれば、大きな間違いだ。

 首相は「現下の最大の課題」として経済再生を挙げた。だが、処方箋には抽象論が並び、日中関係の冷え込みなど具体的な懸案にどう対応するかは示していない。

 臨時国会の焦点である特例公債法案や衆院の「一票の格差」是正についても、「『政局』第一の不毛な党派対立の政治」と野党側を批判するだけで、事態を打開しようという意欲が感じられない。

 所信表明演説からも、野田政権に諸課題をやりこなすエネルギーが残っているとは思えない。国政の停滞を避けるためにも、首相は「近いうちに信を問う」という約束から逃げてはならない。

« 300円均一の“ヤミたばこ”摘発 西成区の露店で販売 | Main | 「臨時国会開幕―報復の連鎖を断ち切れ」って、何でも反対していたのは野党時代の民主党だろうが、朝日新聞 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/56032298

Listed below are links to weblogs that reference 首相所信表明 「明日への責任」は解散だ:

« 300円均一の“ヤミたばこ”摘発 西成区の露店で販売 | Main | 「臨時国会開幕―報復の連鎖を断ち切れ」って、何でも反対していたのは野党時代の民主党だろうが、朝日新聞 »