September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 【3党首会談】 自公が〝密約暴露〟も、「近いうち解散」再び後退 | Main | 「ハングル輸出」は虚報 »

October 20, 2012

竹島と似ている“やり口”…問題うやむやでW杯予選に出場

 「【北川信行のサッカーなんでやねん】 竹島と似ている“やり口”…問題うやむやでW杯予選に出場」(産経新聞:10月20日)

 ロンドン・オリンピックで竹島領有を主張するプラカードを掲げた朴鍾佑(パク・ジョンウ)が、国際試合に平然と出場した。モラルも糞もない朝鮮人。やった者勝ちか? 日本はマジメに対応するだけ馬鹿だ。もっと強硬に出ないといけない。

 記事を引用する。

 ロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦後に、韓国選手が竹島領有を主張するプラカードを掲げた問題で、朝鮮日報(日本語電子版)などの韓国メディアは18日、国際サッカー連盟(FIFA)が韓国協会に「追加調査が必要と判断した。これまでの主張以外に韓国協会や選手の立場をめぐり提出するものがあれば、27日までに出すように」と通知したと報じた。

 この問題をめぐっては、当初は5日のFIFA規律委員会で何らかの処分が出る予定だったが、結論がまとまらず、翌週に再度、話し合いの場を持つことになっていた。その後は表立った動きはなかったが、今回の韓国協会への通知で、処分決定はさらにずれ込む可能性が高くなった。

 英字紙コリア・タイムズ(電子版)は韓国協会幹部の話として「前例のないケースなので、FIFAは慎重になっているのでは…」との観測を伝えるとともに、韓国協会会長が来週にもチューリヒのFIFA本部を訪れ、担当者と話し合いを行う予定であることを明らかにした。

 一方で、16日にテヘランで行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラン-韓国戦で、問題の選手が先発出場を果たした。

 出場停止や罰金などの処分が正式に決まっていないので、その選手がW杯予選などの代表戦に出場しても何ら文句のつけようはないのだが、“灰色状態”であることをいいことに、平然と代表メンバーに選び、試合に出場させるのには違和感を覚える。

 その“やり口”は、国際司法裁判所への共同提訴に応じず、問題をうやむやのままにして実効支配を続ける竹島の手法と似ている気がしてならない。日本の立場としてはやはり、延び延びとなっているFIFAの判断を待つだけではダメなのではないだろうか。

« 【3党首会談】 自公が〝密約暴露〟も、「近いうち解散」再び後退 | Main | 「ハングル輸出」は虚報 »

スポーツ」カテゴリの記事

TrackBack

« 【3党首会談】 自公が〝密約暴露〟も、「近いうち解散」再び後退 | Main | 「ハングル輸出」は虚報 »