September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国原発2基が同じ日に連続で故障…今年7回目 | Main | 「われわれが政権取ったらスピードアップ」 安倍自民総裁、民主政権の復興政策を批判 »

October 03, 2012

大間原発―建設再開に反対する

 「大間原発―建設再開に反対する」(朝日新聞:10月3日社説)

 朝日新聞は連日のように「反原発」の記事を載せる。朝日新聞が自身を不偏不党であるというならば、原発推進の記事も載せるべきなのだが、それはない。明らかに偏向している。

 日本から原発を無くし、エネルギーを奪い、経済力を奪おうとしているのが朝日新聞なのである。それに最も利益を得るのが中国や韓国である。朝日新聞が、どこの国のために偏向報道をしているかは、もはや明白である。

 朝日新聞が「原発依存を減らしていくのが国民的な合意である」というが、誰も合意などしていない。朝日新聞の真っ赤な嘘である。

 社説を引用する。

 Jパワー(電源開発)が、東日本大震災の後、中断していた大間原発(青森県)の建設再開を決めた。

 だが、新しい安全基準も防災計画の見直しもこれからだ。なにより原発依存を減らしていくのが国民的な合意である。

 同様に建設途上にある中国電力・島根原発3号機(松江市)を含め、拙速な工事再開に強く反対する。

 Jパワーが工事の再開に踏み切るのは、枝野経済産業相が容認する考えを示したからだ。

 枝野氏は「すでに設置・工事許可を与えた原発」と指摘し、実際に稼働にこぎつけるかどうかは原子力規制委員会の判断次第だという。

 規制委は原発の安全性を厳格に判断するのが仕事で、脱原発という政治的な課題を背負う組織ではない。政治の責任を、安易に規制委に押しつけるのは筋違いだ。

 そもそも野田政権がまとめた新しいエネルギー戦略は「原発ゼロ」を目指しながら、個別政策とのちぐはぐさが目立つ。

 「最たる矛盾」と海外からも指摘されているのが、使用済み核燃料の再処理を続ける点だ。

 ことは余剰プルトニウムの扱いという核不拡散問題に直結するだけに、米国をはじめとする世界の安全保障の専門家は、合理的な説明を欠く日本政府に不信を募らせている。

 核不拡散への強固な協力姿勢を示すうえでも、原発ゼロという全体戦略と整合性のとれた再処理事業の閉じ方を、一刻も早く示すべきだ。

 大間原発は、再処理でつくるプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料ですべてをまかなう世界初の「フルMOX原発」だ。再処理事業をやめれば、必要性は薄れる。

 もとより新しい原発を動かせば、そのぶん放射性廃棄物の量が増える。負荷は大きい。

 Jパワーにすれば、過去の投資を無駄にできないとの思いがあるだろう。

 しかし、安全規制や過酷事故への備えで原発は今後、よりコストのかかる電源になる。30キロ圏内にある対岸の北海道函館市も建設に強く反対しており、訴訟も含め調整は難航必至だ。

 Jパワーは高効率な火力発電に関するノウハウを蓄積してきた。海外展開の実績もある。風力などの自然エネルギー開発にも前向きだ。

 原発に伴う新たな負担を背負いこむより、むしろ原発ゼロの電力会社というメリットを生かした経営戦略を講じる好機ではないか。

« 韓国原発2基が同じ日に連続で故障…今年7回目 | Main | 「われわれが政権取ったらスピードアップ」 安倍自民総裁、民主政権の復興政策を批判 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55838301

Listed below are links to weblogs that reference 大間原発―建設再開に反対する:

« 韓国原発2基が同じ日に連続で故障…今年7回目 | Main | 「われわれが政権取ったらスピードアップ」 安倍自民総裁、民主政権の復興政策を批判 »