September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「中国は好戦的な暴漢のよう」尖閣危機、米国議会は日本より切迫感 | Main | 韓国通貨はやや過小評価 IMF年次審査報告 »

September 21, 2012

【民主代表選】 野田首相、大差で再選 衆院過半数維持は予断許さず

 「【民主代表選】 野田首相、大差で再選 衆院過半数維持は予断許さず」(産経新聞:9月21日)

 結果には全く興味なし。早期の衆院解散・総選挙を望むのみだ。

 今回の代表戦でも菅のときのように、在日外国人の党員・サポータが投票したのだろうか。であれば菅に次いで再び日本の首相の選択に外国人が関与したことになる。日本憲政史上最大の汚点の1つである。諸悪の根源は民主党にある。

 記事を引用する。

 民主党は21日午後の臨時党大会で党代表選の投開票を行い、現職の野田佳彦首相(55)が大差で再選を果たした。党所属の国会議員や党員・サポーター、地方議員らによる1回目の投票で過半数を制した。

 首相は米ニューヨークで開かれる国連総会に出発前に党役員人事を行い、10月1日にも内閣改造に踏み切り、政権基盤の強化を図る構え。ただ、首相に不満を持つ複数の議員が離党を検討しており、国民新党を含めた与党が衆院で過半数(239議席)を維持できるか予断を許さない状況だ。

 ポイント制で争われた代表選で、首相は総数1231ポイントのうち818ポイントを獲得し、他の3候補を圧倒した。原口一博元総務相(53)は154ポイント、赤松広隆元農林水産相(64)は123ポイント、鹿野道彦前農水相(70)は113ポイントだった。

 代表選では、エネルギー政策や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への是非、消費税増税法の成立に伴って党分裂を招いた首相の責任問題などが争点となった。首相以外の3候補は首相の政権・党運営を厳しく批判したが、支持は広がらなかった。

 代表選は、任期途中で辞任した菅直人前代表の残りの任期満了に伴い実施された。ポイントは、国会議員は1人2ポイントで計672ポイント▽党員・サポーター約33万人で計409ポイント▽地方議員2030人で計141ポイント▽国政選挙の公認予定者9人に計9ポイントが配分された。

« 「中国は好戦的な暴漢のよう」尖閣危機、米国議会は日本より切迫感 | Main | 韓国通貨はやや過小評価 IMF年次審査報告 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55801243

Listed below are links to weblogs that reference 【民主代表選】 野田首相、大差で再選 衆院過半数維持は予断許さず:

« 「中国は好戦的な暴漢のよう」尖閣危機、米国議会は日本より切迫感 | Main | 韓国通貨はやや過小評価 IMF年次審査報告 »