September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 怒るアップル、調達「サムスン外し」 スマホ訴訟長期化、互いに備え | Main | まともな日韓関係のために »

September 03, 2012

「日朝協議―粘り強く接点をさぐれ」と出来もしないことを言う朝日新聞

 「日朝協議―粘り強く接点をさぐれ」(朝日新聞:9月1日社説)

 朝日新聞は、軍事独裁国と一体何を話し合えば解決すると思っているのか。それができるのならとっくの昔に拉致問題は解決しているだろうし、北朝鮮による核兵器開発が進むこともないはずだ。

 そんなことより、朝日新聞はかつて北朝鮮を「地上の楽園」と言っていた報道の誤りを認めて謝罪すべきではないのか。

 社説を引用する。

 北京で3日間にわたった日本と北朝鮮の外務省課長級協議が終わり、両政府は今後、日本人拉致問題などを話し合う方向で合意した。9月中にも局長級協議が開かれる見通しだ。

 拉致問題について、北朝鮮は08年8月に再調査を約束した。だが、その後すぐに調査を一方的に先送りし、以来、政府間協議は途絶えていた。

 今後の協議で、北朝鮮がどういう態度に出てくるかは、まだわからない。とはいえ、これまでのかたくなな態度を考えれば、ともかく協議のテーブルについたことは前進だ。

 拉致問題は日本人の生命がかかった極めて重要な懸案だ。時間はかかるかもしれないが、北朝鮮が再調査にとりかかり、日本側が納得できる結果を出すよう求めたい。

 もちろん、日朝間で解決すべき課題はそれだけではない。

 終戦前後に北朝鮮で死亡した日本人の遺骨返還や、北朝鮮に渡った日本人妻の帰国などの人道問題、核・ミサイル開発をふくむ安全保障、そして戦後処理にからむ国交正常化――。

 こうした案件を、包括的に話し合っていく必要がある。

 北朝鮮にしても、メリットがなければ日本との交渉には乗り出すまい。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が食糧事情の改善を重要課題に掲げていることを考えれば、何らかの支援を求めてくることは予想できる。

 こうした双方の狙いにどう折り合いをつけていくか。一筋縄ではいかぬ難しい交渉になるだろうが、担当者には粘り強くあたってほしい。

 一方、日朝2国間の交渉だけでは問題は解決しない。北朝鮮の核開発についての6者協議のメンバー、とりわけ韓国との連携は欠かせない。

 この点からも、日韓関係のこれ以上の険悪化は避けなければならないのは明らかだ。

 今回の北朝鮮による日本へのアプローチは、金正恩体制が国内的には一応落ち着き、対外関係に目が向いてきたことの表れと見ることができよう。

 協議での北朝鮮の出方には、正恩氏の意向が色濃く反映されるだろう。

 新体制が対外開放に向かっていくのか、それとも故金正日(キム・ジョンイル)総書記の軍事優先路線をかたくなに守り続けるのかを見極める機会にもなる。

 指導者の代替わりは、変革への好機である。過大な期待は禁物だが、これからの協議を通じて、閉ざされた体制を世界に開くように促す努力も惜しむべきではない。

« 怒るアップル、調達「サムスン外し」 スマホ訴訟長期化、互いに備え | Main | まともな日韓関係のために »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55785284

Listed below are links to weblogs that reference 「日朝協議―粘り強く接点をさぐれ」と出来もしないことを言う朝日新聞:

« 怒るアップル、調達「サムスン外し」 スマホ訴訟長期化、互いに備え | Main | まともな日韓関係のために »