September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国、首相親書を返送へ 手続きや内容に問題と主張 | Main | 民意頼みの政府 討論型世論調査で原発ゼロ半分近 »

September 02, 2012

「中国大使交代―民間起用の芽を摘むな」って、民間人では大使など務まらなかったではないか、糞朝日新聞よ

 「中国大使交代―民間起用の芽を摘むな」(朝日新聞:8月22日社説)

 丹羽宇一郎・駐中国大使は中国の国益に則って行動をしてきた。そもそも任命されたのが間違いだった。政府・民主党の任命責任が問われるべきである。

 にもかかわらず朝日新聞は「民間出身の大使に期待されるのは、外務官僚とまったく同じ発言や発想ではないはずだ」「むしろ、プロの外交官とはひと味違う、率直な発言や新鮮な発想、時には政府にも厳しい直言ではないか」などと言う。大使が政府の意に反したり、母国の国益に反する言動をする方が間違っているだろうが。

 丹羽宇一郎・駐中国大使を交代させ、後任に外務審議官をあてるなど、秋の外務省人事の骨格を野田内閣が固めた。

 伊藤忠商事の社長、会長として中国との間で培ってきた人脈と手腕を期待され、丹羽氏が民間から初の中国大使についたのはわずか2年前のことだ。

 今回の早すぎる交代が、民間からの大使起用の芽を摘むことになってはならない。

 丹羽氏の交代論が浮上した直接のきっかけは、東京都の尖閣諸島購入計画について、英紙のインタビューで「日中関係に極めて重大な危機を招く」と語ったことだった。

 日本固有の領土である尖閣購入と外交問題は関連しない。そんな日本政府としての公式な立場と相いれない発言であったことは間違いない。

 一方で、現実にはこの計画が日中双方の機微に触れることはごく普通の常識ではないか。

 民間出身の大使に期待されるのは、外務官僚とまったく同じ発言や発想ではないはずだ。

 むしろ、プロの外交官とはひと味違う、率直な発言や新鮮な発想、時には政府にも厳しい直言ではないか。

 残念なのは、民主党政権が丹羽氏をしっかりバックアップしてこなかったことだ。

 「民間出身の大使が定着していくかどうかの試金石だ」「人事で支える態勢をつくる」

 みずから丹羽氏を口説いた岡田克也外相はそう意気込んでいたが、3カ月後に党幹事長に転出してしまった。

 大使には最適の人材をあらゆる分野から広く起用する。3年以内に約2割を外部からの任用とし、外務官僚との健全な競争を促す――。

 外務省が大揺れに揺れた機密費詐取事件を受け、外相の私的懇談会が10年前にまとめた最終報告はそう求めていた。

 丹羽氏の起用もこの流れに沿ったものであり、その指摘の多くはいまも当を得ている。

 一連の人事でもうひとつの疑問は、駐米大使に外務事務次官が11年ぶりにつくことだ。

 かつては、次官経験者が駐米大使につく慣例があった。

 10年前の最終報告はそれをあらため、次官を「最終ポスト」とするよう求めた。

 外務官僚の最高責任者が次官なのか、駐米大使なのかがはっきりしない状態を変える必要があると考えたからだった。

 日本外交の現状は厳しい。改革を骨抜きにし、外務官僚にとっての「古き良き外務省」を復活させる人事が、肝心の外交力を弱めることを恐れる。


« 韓国、首相親書を返送へ 手続きや内容に問題と主張 | Main | 民意頼みの政府 討論型世論調査で原発ゼロ半分近 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55563445

Listed below are links to weblogs that reference 「中国大使交代―民間起用の芽を摘むな」って、民間人では大使など務まらなかったではないか、糞朝日新聞よ:

« 韓国、首相親書を返送へ 手続きや内容に問題と主張 | Main | 民意頼みの政府 討論型世論調査で原発ゼロ半分近 »