September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「安倍新総裁の自民党―不安ぬぐう外交論を」って、不安なのは朝日新聞と支那、朝鮮だけだろう | Main | 中国反日デモの「発端は石原都知事にある!」という大嘘を書く週刊朝日 »

September 27, 2012

天声人語でも安倍氏を叩く朝日新聞

 9月27日の朝日新聞の天声人語だ。

 安倍総裁を3年前の自民党下野と重ね合わせ、上げ潮に浮かれるなという。紙面を通して安倍氏を叩く。さすが「安倍叩きが社是」だという朝日新聞だ。

 そして民主党の無為無策を棚上げにして「自民は、原発を推し進め、安全神話を作り上げ、尖閣や竹島では無為を続け、国の借金を膨らませてきた」などと書く。原発事故に適切な対応が出来ず、支那や朝鮮を増長させ、尖閣や竹島で問題を起こさせたのは民主党である。

 朝日新聞は、安倍首相のころからずっと自民党を批判し続け、民主党への政権交代を後押ししてきた。この3年間の失政(というか政権担当能力がないのだから、失政は当然)の責任は朝日新聞も負うべきだ。最近は過去の報道を知らぬ振りして民主党を批判している。無責任な変わり身の早さも朝日新聞の特徴だ。

 朝日新聞にこそ、責任を省みてほしい。

 記事を引用する。

 3年前の秋、自民党は落ち武者集団を見るようだった。政権を明け渡し、「自民党という名が国民に嫌われている」と党名を変える動きもあった。「和魂党」やら「自由新党」やら、まじめに考えていたらしい▼支援団体は離れ、陳情は減り、食い慣れぬ冷や飯のせいか無気力と自嘲さえ漂った。その斜陽から、新総裁が次期首相と目される党勢の復活である。「ある者の愚行は、他の者の財産である」と古人は言ったが、民主党の重ねる愚行(拙政)で、自民は財産(支持)を積み直した▼とはいえ総裁に安倍晋三元首相が返り咲いたのは、どこか「なつメロ」を聴く思いがする。セピアがかった旋律だ。当初は劣勢と見られたが、尖閣諸島や竹島から吹くナショナリズムの風に、うまく乗ったようである▼1回目の投票で2位だった候補が決選投票で逆転したのは、1956年の石橋湛山以来になる。その決選で敗れたのが安倍氏の祖父の岸信介だったのは因縁めく。「もはや戦後ではない」と経済白書がうたった年のことだ▼以降の自民党は、国民に潜在する現状維持意識に根を張って長期政権を保ってきた。人心を逸(そ)らさぬ程度に首相交代を繰り返してきたが、3年前に賞味期限が切れた▼思えば自民は、原発を推し進め、安全神話を作り上げ、尖閣や竹島では無為を続け、国の借金を膨らませてきた。景気よく民主党を罵倒するだけで済まないのは、よくお分かりだと思う。たまさかの上げ潮に浮かれず、責任を省みてほしい。

Nomoreasahisinbun_2

« 「安倍新総裁の自民党―不安ぬぐう外交論を」って、不安なのは朝日新聞と支那、朝鮮だけだろう | Main | 中国反日デモの「発端は石原都知事にある!」という大嘘を書く週刊朝日 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55836054

Listed below are links to weblogs that reference 天声人語でも安倍氏を叩く朝日新聞:

« 「安倍新総裁の自民党―不安ぬぐう外交論を」って、不安なのは朝日新聞と支那、朝鮮だけだろう | Main | 中国反日デモの「発端は石原都知事にある!」という大嘘を書く週刊朝日 »