September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「安倍新総裁:意地の再挑戦結実…『政権投げ出し』印象今も」と、早速印象操作する毎日新聞 | Main | 挫折経験を胸に、茨の道に切り込む新総裁 »

September 27, 2012

「安倍元首相―思慮に欠ける歴史発言」って、歴史問題の元凶は朝日新聞だろうが!

 「安倍元首相―思慮に欠ける歴史発言」(朝日新聞;9月27日)

 「河野談話」は、事実による判断ではなく政治的判断で、「従軍慰安婦」について韓国に謝罪した談話だ。この謝罪により韓国は今後一切、従軍慰安婦については謝罪を求めないという約束だったのだが、一方的に反故にされて現在のような大問題になってしまっているのだ。その元凶はといえば、朝日新聞の捏造報道である。

 「村山談話」は、大東亜戦争を日本の侵略戦争であると言い切り、謝罪したものだ。欧米列強やソ連・中国共産党からの自衛戦争であったにもかかわらずだ。国際法から見ても「侵略」戦争とは言えないのだ。

 安倍首相が靖国参拝を控えたのは中・韓への配慮などではなくて、戦略的な理由からであった。まさか1年で辞職するとは思わなかったのだ。だから次回は必ず靖国を参拝すると言われている。それだけのことだ。

 安倍氏は「一国の政治指導者として不適格」どころか、しっかり信念を持って行動されている。上記を読むだけでもわかるように、朝日新聞の方が余程、報道機関として不適格であろうに。

 このように、不当に安倍氏を貶める記事を書く朝日新聞を許してはいけない。これはもはや新聞ではない。もちろん公器ではない。

 記事を引用する。

安倍元首相―思慮に欠ける歴史発言

 自民党総裁選に向け、安倍晋三元首相がみずからの歴史観について活発に発言している。

 たとえば月刊誌のインタビューで、こう語っている。

 「自民党は、歴代政府の答弁や法解釈を引きずってきたが、新生・自民党では、しがらみを捨てて再スタートを切れる」

 「新生・自民党として、河野談話と村山談話に代わる新たな談話を閣議決定すべきだ」

 そして、自分が首相に返り咲けば、靖国神社に「いずれかのタイミングで参拝したいと考えている」と述べている。

 自民党の一部で根強い主張である。それにしても、首相経験者、さらには首相再登板をねらう政治家として、思慮に欠ける発言といわざるをえない。

 河野談話は慰安婦問題で旧日本軍の関与について、村山談話は過去の植民地支配と侵略について、それぞれ日本政府としての謝罪を表明したものだ。

 6年前、首相になる前の安倍氏は「自虐史観」に反発する議員の会の中核として、村山談話や河野談話を批判してきた。

 だが、首相になるや姿勢を一変させ、両談話の「継承」を表明した。政権を担う身として、対外宣言ともいえる外交の基本路線を覆せなかったからだ。

 安倍氏自身が靖国参拝を差し控えたこともあり、小泉政権で冷え切った中韓との関係を改善したのは安倍氏の功績だった。

 私たちは当時の社説で、そんな安倍氏の豹変(ひょうへん)を歓迎した。

 それがにわかに先祖返りしたかのような主張には、驚くばかりだ。再び首相になればそれを実行するというなら、方針転換の理由を説明してもらいたい。

 ふたつの談話は、安倍政権をふくめ、その後のすべての政権も踏襲した。韓国をはじめ近隣国との信頼を築くうえで重要な役割を果たしてきた。

 かりに首相に再登板した安倍氏がこれを引き継がないということになれば、日本外交が苦労して積み上げてきた国際社会の信頼を失いかねない。

 自民党の一部に再び安倍氏への期待が出ている背景には、尖閣諸島や竹島をめぐる中韓の刺激的な行動があるのだろう。

 しかし、それに安倍氏流で対抗すれば、偏狭なナショナリズムの応酬がエスカレートする恐れさえある。

 政治家が信念を語ること自体を否定するつもりはない。

 ただし、それには自分なら近隣国との外交をこう前進させるという展望を、しっかり示す責任が伴う。その覚悟なしに持論にこだわるなら、一国の政治指導者として不適格だ。

Nomoreasahisinbun_4

« 「安倍新総裁:意地の再挑戦結実…『政権投げ出し』印象今も」と、早速印象操作する毎日新聞 | Main | 挫折経験を胸に、茨の道に切り込む新総裁 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55808748

Listed below are links to weblogs that reference 「安倍元首相―思慮に欠ける歴史発言」って、歴史問題の元凶は朝日新聞だろうが!:

« 「安倍新総裁:意地の再挑戦結実…『政権投げ出し』印象今も」と、早速印象操作する毎日新聞 | Main | 挫折経験を胸に、茨の道に切り込む新総裁 »