September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 外務省、抗議せず 中国謝罪で | Main | パトカー追跡、車転落 男性死亡 滋賀の水路 »

September 02, 2012

【丹羽大使襲撃】 「反日行動は無罪」の空気広がる ネットには「英雄だ」たたえる意見も

 「【丹羽大使襲撃】 『反日行動は無罪』の空気広がる ネットには『英雄だ』たたえる意見も」(産経新聞:8月28日)

 で、政府の無能無策・事なかれ主義が、中国の「反日無罪」という姿勢を増強させ、日本人の生命や財産が危険に晒されるのだ。こんなことを公然とやっているのは世界中で中国と韓国だけ。

 丹羽宇一郎駐中国大使の公用車が襲撃され、日の丸が奪われるという前代未聞の事件は、反日行動を国民の不満のはけ口に利用してきた中国当局の姿勢に起因する。

 今年は国交正常化40周年の節目の年。日中関係のさらなる悪化を避けたいのが中国側の本音だ。最近、中国各地で反日デモが相次ぐ中、北京などの大都市では治安当局による警備が強化され、デモがほぼ押さえ込まれているところからも、それはうかがえる。

 しかし、一方で今月19日に広東省深●(=土へんに川)市で起きた5千人規模のデモのさなか、一部暴徒化した参加者が日本料理店内を荒らし、日本車十数台を破壊したが、その後、捜査が進められているという話は聞かない。

 昨年8月には、黒竜江省方正県で日本の旧満蒙開拓団員の氏名を刻んだ慰霊の石碑にペンキがかけられる事件が発生。尖閣諸島の領有権を主張する中国の反日団体「中国民間保釣(尖閣防衛)連合会」が犯行声明を出した。実行犯の5人は警察で事情聴取を受けた後、釈放された。

 こうした過激な行動を容認するかのような中国政府の態度によって、中国の愛国主義者の間に反日行動は“無罪”との空気が広がっている可能性がある。中国版のツイッターには早速、公用車を止めた男を「英雄だ」などとたたえる意見が相次いだ。今回の事件も曖昧に処理されれば、同種の事件が再発する恐れがある。(川越一)

 外務省によると、在外大使館員が派遣先の国内で襲われたケースとしては、2004年8月7日、中国・北京で行われたサッカー・アジア杯決勝戦の終了後に駐中国公使2人が乗った車が群衆に襲われ、後部ガラスが割られる事件があった。また、03年11月29日にはイラク復興に従事していた在英日本大使館の奥克彦参事官(当時)、在イラク大使館の井ノ上正盛書記官(同)がイラク北部のティクリート付近で銃撃されて死亡したケースがある。

« 外務省、抗議せず 中国謝罪で | Main | パトカー追跡、車転落 男性死亡 滋賀の水路 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55564824

Listed below are links to weblogs that reference 【丹羽大使襲撃】 「反日行動は無罪」の空気広がる ネットには「英雄だ」たたえる意見も:

« 外務省、抗議せず 中国謝罪で | Main | パトカー追跡、車転落 男性死亡 滋賀の水路 »