September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国、竹島関連予算を大幅増へ | Main | 安倍元首相が自民総裁選に出馬へ=町村派は分裂選挙に―石原・石破氏、10日に表明 »

September 09, 2012

日本維新の会 「二足のわらじ」は無理だ

 「日本維新の会 『二足のわらじ』は無理だ」(産経新聞:9月9日社説)

 わしも無理だと思う。ただし別の意味で。

 橋下氏はこれまで政府を悪者にして地方行政を行ってきた。国政になると悪者にする対象がない。中国や朝鮮を悪者扱いすればいいのだが(実際に悪者だし)、それでは中国や南北朝鮮の政治手法と大差ないだろう(反日で内政を安定させるようなもの)。

 橋下は国政に出たら恐らくいわゆる「戦後レジーム」を解体する役目を果たしてくれると思う。だから多くのマスコミから叩かれるだろう。しかし、その後の日本をどうするかについてはかなり疑わしい。今のところ維新八策にポリシーがあるように思えないのだ。

 やはり既存政党である自民党の出番になるのではないか。但し安倍さんが首相になればだけど。

 社説を引用する。

 大阪市長という重要な業務を担いながら、国政政党の党首もつとめるなど無理である。「大阪維新の会」を率いる橋下徹氏は、党首か市長いずれかに専念すべきだ。

 維新の会は8日の全体会議で、国政への進出を正式に決めた。近く立ち上げる新党「日本維新の会」の党首には、橋下氏が市長のまま就任する。幹事長を兼ねる松井一郎大阪府知事とともに、2人の地方首長が国会議員を指示していくという極めて異例の党運営だ。

 「二足のわらじ」について、橋下氏は「誰もやったことがないので、『やっていく』としか言いようがない」としている。認識が甘いのではないか。

 外交や安全保障、治安の確保や教育、産業の振興、さらには災害などの緊急事態もある。国政上の諸課題への対応を決断することは、市長の傍らでこなせるほど簡単ではない。

 そもそも、国会に議席を持たない者が国政政党の党首をつとめること自体に、強い違和感を覚える。しかも世論調査によれば、日本維新の会は次期衆院選で政治の行方を左右しかねない議席数を獲得する可能性もある。国政への重い責任があるのだ。

 党本部は大阪に置くという。国会には議員団長がいるが、重要案件についてその都度、大阪の橋下、松井両氏に相談しなければならないのだから、政策決定のスピードは遅くなる。

 国会では、党首や幹事長が他党と協議する場面が少なくない。国家的な緊急案件ともなれば、瞬時に政治判断を求められる。それに迅速に対応できないのでは、政党としての信頼を著しく欠く。

 国会で第一党となった場合、憲法67条によって首相は国会議員団の中から指名される。国家運営が首相でなく大阪市長の意思で行われるなら、憲法の否定にもつながりかねない。

 国会議員団が大阪府議団や大阪、堺両市議団と同格に位置づけられることも問題だ。大阪や堺の利益と、他の地域の利益とが相反する場面では、どちらの立場を優先させるのか。

 橋下氏が尊敬する石原慎太郎東京都知事は「あえて大阪府知事を辞めて市長になった。大阪市を立て直さないと、市民の顰蹙(ひんしゅく)を買う」と言う。アドバイスに謙虚に耳を傾けてはどうか。

« 韓国、竹島関連予算を大幅増へ | Main | 安倍元首相が自民総裁選に出馬へ=町村派は分裂選挙に―石原・石破氏、10日に表明 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55786733

Listed below are links to weblogs that reference 日本維新の会 「二足のわらじ」は無理だ:

« 韓国、竹島関連予算を大幅増へ | Main | 安倍元首相が自民総裁選に出馬へ=町村派は分裂選挙に―石原・石破氏、10日に表明 »