September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 細野氏、次の代表選に意欲 「3年後へ準備」 | Main | “反日声明”韓国で大歓迎 大江健三郎氏ら、領土問題「日本が侵略、反省を」 »

September 29, 2012

「釣魚島は中国領」と新聞広告 日本政府「一方的」と抗議

 「『釣魚島は中国領』と新聞広告 日本政府『一方的』と抗議」(産経新聞:9月29日)

 抗議は当然だが、政府としてどう対処するかが重要だ。どうせ民主党は中国を刺激しないように何もしないだろうが。

 記事を引用する。

 28日付の米紙ワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズは、「釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)は中国領だ」とする中国英字紙チャイナ・デーリーの広告を掲載した。

 広告は見開き両面のほとんどを使って尖閣諸島の写真を載せ「古来、中国固有の領土で、中国は争いのない主権を持っている」と主張。さらに日本政府による国有化が「中国の主権を著しく侵害した」と訴えた。

 これに対し、藤崎一郎駐米大使は28日の記者会見で、広告を掲載した米2紙に「一方的な内容で事実関係に間違いがある」と抗議したことを明らかにした。

 ポスト紙は、広告の内容を社として支持するわけではないと説明。「日本政府から申し入れがあったことは留意する」と回答したという。(共同)


« 細野氏、次の代表選に意欲 「3年後へ準備」 | Main | “反日声明”韓国で大歓迎 大江健三郎氏ら、領土問題「日本が侵略、反省を」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

« 細野氏、次の代表選に意欲 「3年後へ準備」 | Main | “反日声明”韓国で大歓迎 大江健三郎氏ら、領土問題「日本が侵略、反省を」 »