September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 断固経済制裁を発動せよ! 韓国を黙らせるには… | Main | 「初音ミク」発売から5年 ボカロ人気、海外にも広がる »

September 04, 2012

民主部門会議、人権救済法案を了承 反対派の意見押し切り

 「民主部門会議、人権救済法案を了承 反対派の意見押し切り」(産経新聞:8月29日)

 要注意だ。

 記事を引用する。

 民主党は29日、法務部門会議(座長・小川敏夫前法相)を開き、人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を了承した。今後、党政策調査会で了承され、今国会中にも閣議決定される見通しだが、与野党の多数派が衆参両院で異なる「ねじれ国会」のため成立する可能性は極めて低い。

 同法案をめぐっては「人権侵害の拡大解釈で憲法21条の表現の自由が侵される恐れがある」といった反対論が党内でも根強く、今国会での閣議決定は見送られてきた。だが、野田佳彦首相は8月23日の衆院予算委員会で今国会での法案提出に向け「必要な作業を進めていきたい」と答弁し、立法化を促していた。

 この日の会議で、小川座長らは「党内での議論をもっと丁寧にやるべきだ」といった、立法化に慎重な議員らの反対意見を一方的に押し切り、了承した。小川座長は会議後、記者団に「これ以上議論してもいずれ党内がまとまる雰囲気ではなく、このタイミングで結論を出した」と述べた。

« 断固経済制裁を発動せよ! 韓国を黙らせるには… | Main | 「初音ミク」発売から5年 ボカロ人気、海外にも広がる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

« 断固経済制裁を発動せよ! 韓国を黙らせるには… | Main | 「初音ミク」発売から5年 ボカロ人気、海外にも広がる »