September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと | Main | 日本のyoutube動画のコメント欄を次々と荒らす韓国人が世界中の人々から大ヒンシュク »

August 10, 2012

反原発派の煽りが判明・何を大騒ぎしているのか?

 60年代の60分の1の放射線量が今回明らかに


  放射性物質ストロンチウム90降下量 岩手,秋田,山形,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川で過去11年の最大値


★10都県で過去11年の最大値=ストロンチウム90の降下量-測定結果公表・文科省

 文部科学省は24日、東京電力福島第1原発事故で放出されたとみられる放射性ストロンチウム90が、大気中から地上に降った量(降下量)の都道府県別測定結果を公表した。津波や事故の影響で測定できない宮城、福島両県を除くと、茨城県など10都県で、事故前11年間の最大値を上回る値を記録。

 最も多かったのは昨年3月の茨城県で、1平方キロ当たり600万ベクレルだった。 文科省によると、測定は直径2メートルの水盤を1カ月間屋外に置き、たまったちりなどを採取して放射性物質の量を調べた。 2000年以降、事故前までの最大値は06年2月に北海道で測定された同30万ベクレルで、 960年代の大気圏内核実験の影響。

 事故後は、茨城のほか、岩手、秋田、山形、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の各都県でこの値を超えた。 原発事故の影響とみられる。

時事通信 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012072400675

★ストロンチウム90、10都県で観測

 文部科学省が、福島第一原発の事故後に地上に降ってきた放射性物質ストロンチウム90の量を分析した結果、茨城、群馬、山形、東京など10都県で事故に由来するとみられる濃度のストロンチウム90が確認されました。 数値が最も高かったのは茨城県ひたちなか市で、去年3月の1か月間で1平方キロメートルあたり6メガベクレルでした。 文科省では、今回の結果について「過去に海外での核実験で降ってきた量よりも少なく、この量で健康への影響を計算するのは難しい」としています。

News i http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5089199.html

 
 >10都県で、事故前11年間の最大値を上回る値を記録。

 これで 反原発派はまだ大騒ぎをするのでしょうね。一部の反原発の保守派や民族派団体も釣られて騒ぎ出す。確かにこの11年間では最大の数値になったのでしょう。

 でも、今回同時に明らかになった事実には驚きました。

 >事故前までの最大値は06年2月に北海道で測定された同30万ベクレルで、 1960年代の大気圏内核実験の影響。

 2006年には30万ベクレルで、これは1960年代の大気圏内核実験の影響。

 こう簡単に書いていますが、1960年から2000年までは40年もあります。かつてかなりの高濃度の放射線に汚染されたので40年間過ぎて減り続け、ようやく2006年の30万ベクレルまで減少したと言うことのではないですか?

 そこで今度は朝日新聞社の今日の一面トップ記事です。

 CCF20120725_00000

 本文の記事

 最大、60年代の60分の1

 過去のストロンチウム90の観測値は、1963年の仙台市での358ベクレルが最高、核実験の回数が減り、その後は減少を続けたが、86年旧ソ連のチェルノブイリ原発事故で一時上昇し秋田県で6、1ベクレルを観測した。

 何ですか、この朝日新聞の記事は?

 つまり、我々の世代がまだ子供の頃は毎年福島原発が爆発していたと言うことですかね?

 我々が子供の頃は雨が降ると放射能があるから、傘を絶対さしなさい。あるいは帽子をかぶりなさいと言われたものです。そうです死の灰が空から飛んで来ると大騒ぎでした。

 現在はその頃の60分の1ですか?日本人の平均寿命は世界一です。放射能が体に悪いなんて、一体誰が言い始めたのですか?朝日新聞のこの記事を見れば、何の心配もない事がわかります。

 何をびびっているのでしょう?

 福島は放射能汚染で人が住めないレベルだ・・・・・

 そうですか、1960年代は日本全国で人が住めないレベルをはるかに超えていたのですね。

 何で反日左翼はその時に中共の核実験に抗議してデモをしなかったのかな?

 TKY201207240557

 これは朝日新聞社の記事の中にある表図です。反原発派の皆さん!ご説明を!

 今、福島は人の住めない土地になったとか、言ってる人たちに問いたいね。

 かつて、日本は人が住めないところだったのではないですか?

 「チェルノブイリの例だと、子供に甲状腺癌が増えたのは4年後 。ピークは10年後 」

 こんな事もさんざん言われています。私たちの年代は皆甲状腺癌で死んでいますね。長生きしているって、一体どういうことなの?核実験を共産国が盛んにやっていた当時は、放射能物質の降下量は遥かに今より多かった。

 しかし、少なくともその放射能で死んでしまったなどという騒ぎはこれまで聞いたこともない。

 再度言いますが、一体この今のびびりようって何なんですか?誰か教えてください。

 掲示板にも書かれていますね。

 過去11年間と比べて最大値の茨城で20倍だが1963年大量降下時の仙台の1/60、鹿児島の1/50、大阪の1/45 なんだよなw 1963年にお母さんのお腹の中にいて1964年生まれの人達は今回の原発事故によるプルトニウムの影響より60倍プルトの影響を 受けてる事になるんだが どんな影響があったんだろう?50年も経ってるから分かるはずだが? 現在より子供の数も多いから何かあれば大変な数の症例が出てるはずだが? 1964年生まれのXMENの存在は隠されてるのかw
 

 何だかなぁ~という感じですね。

« 自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと | Main | 日本のyoutube動画のコメント欄を次々と荒らす韓国人が世界中の人々から大ヒンシュク »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55395369

Listed below are links to weblogs that reference 反原発派の煽りが判明・何を大騒ぎしているのか?:

« 自民政権が50年間達成できず民主政権が2年で達成できたこと | Main | 日本のyoutube動画のコメント欄を次々と荒らす韓国人が世界中の人々から大ヒンシュク »