September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 慰安婦像に抗議の日本人が話題に 韓国マスコミが興奮 | Main | 親族の資産調査どこまで… 扶養義務、難しい厳格化 »

June 23, 2012

「元従軍慰安婦写真展」の会場使用を認める 東京地裁

 「『元従軍慰安婦写真展』の会場使用を認める 東京地裁」(産経新聞:6月22日)

 非常識な決定である。ニコンが「元従軍慰安婦写真展」の会場使用を認めなかったのはおかしいというのだ。会場はニコンの所有物である。誰に使わせるかを決める権限はもちろんニコン側にある。そうでなければ、会場の使用を求められれば、ニコンは誰に対しても会場を貸さないといけないことになる。だが裁判所はそう言うのだ。

 これはもう所有者の財産権の侵害である。東京地裁、脳味噌腐ってるのか。

 ニコンは異議を申し立てたというが当然だ。

 記事を引用する。

 「元従軍慰安婦」を題材にした写真展について、会場の使用中止を通告されたのは不当として、韓国人写真家が会場運営元のニコンに施設使用を求めた仮処分について、東京地裁は22日、申し立てを認める決定をした。ニコン側は同日、異議を申し立てた。

 仮処分を申し立てたのは、名古屋市在住の安世鴻(アン・セホン)さん(41)。安さん側によると、朝鮮人の「元従軍慰安婦」を撮影した38点を展示した写真展を今月26日~7月9日に東京都新宿区の「新宿ニコンサロン」で開催予定だったが、先月22日、ニコン側から中止を通告された。

 ニコン側は「写真展を政治活動の場にしようとしており、応募条件に違反する」と主張していた。

 伊丹恭裁判長は、「ニコンサロンは写真文化の向上を目的とする写真展に貸与するための施設」とした上で、「写真展が政治活動としての意味を有していたとしても、写真文化の向上という目的と併存し得る」と判断。安さんが申込書に写真展の内容を記載し、展示写真も提出した上で使用承諾を受けていることからも「施設使用の趣旨に反するとはいえない」とした。

 ニコンは「弊社の法的な主張が認められなかったことは、誠に遺憾」とコメントしている。

« 慰安婦像に抗議の日本人が話題に 韓国マスコミが興奮 | Main | 親族の資産調査どこまで… 扶養義務、難しい厳格化 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/55029133

Listed below are links to weblogs that reference 「元従軍慰安婦写真展」の会場使用を認める 東京地裁:

« 慰安婦像に抗議の日本人が話題に 韓国マスコミが興奮 | Main | 親族の資産調査どこまで… 扶養義務、難しい厳格化 »