September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「たばこ対策―業界より健康重視で」って余計なお世話だ朝日新聞 | Main | スカート盗撮教諭の復職に保護者反発 »

June 15, 2012

「原発40年廃炉―最低限の基準を守れ」って非科学的もいいとこだ、朝日新聞

 「原発40年廃炉―最低限の基準を守れ」(朝日新聞:6月15日社説)

 もはや公器とは思えぬ執拗さで「脱原発依存」を訴え続ける朝日新聞。見苦しいとしか言いようがない。

 「野田政権は、脱原発依存を具体的にどのように進めるか、今もって示していない。そのなかで唯一、明らかになっていたのが40年ルールだ」

 野田は何も脱原発依存を確約していない。朝日新聞がそう思い込んでいるだけだ。

 「40年で閉めていけば、新増設がない限り、原発の比率は2030年に15%に下がり、50年にはゼロになる。もっとも緩やかな減らし方ともいえる」

 要は期限が来たら、自然に原発がなくなるようにしたい。それだけのことだ、朝日新聞が言っているのは。

 「『40年には科学的な根拠がない』との指摘が出たというが、どんな設備でも古くなれば故障リスクは高くなる。原発に一定の寿命枠をはめるのは、トラブルの種を徹底的に排除し、二度と福島のような事故を起こさせないという国民の意思に基づく政策だ。純粋に技術的な安全規制とは、性質を異にする」

 わしも「40年には科学的な根拠がない」と考える。原子炉の状態によって30年や50年もあり得るだろう。もし政府が「新聞社の輪転機を30年で廃棄するように」と言われたら、朝日新聞は従うのだろうか。財産を侵害しているだけではないか。

 もっとひどいのは、ここで朝日新聞が「純粋に技術的な安全規制とは、性質を異にする」と言っていることだ。何と国民の意思は技術的な安全規制より上だというのだ。

 じゃあ、国民がそろって原発推進に賛意を示したら、40年どころか100年でも原子炉を使ってもいいのではないか。言っていることが支離滅裂だ。

 これはまた、朝日新聞の思考が戦前と変わっていないことを露呈している。技術より国民の意思が上なのであるから、戦前のように「1億が火の玉」になって戦争に進めば、戦力がどうであれ勝てる。同じ論法ではないか。ひどいねえ。

« 「たばこ対策―業界より健康重視で」って余計なお世話だ朝日新聞 | Main | スカート盗撮教諭の復職に保護者反発 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54974389

Listed below are links to weblogs that reference 「原発40年廃炉―最低限の基準を守れ」って非科学的もいいとこだ、朝日新聞:

« 「たばこ対策―業界より健康重視で」って余計なお世話だ朝日新聞 | Main | スカート盗撮教諭の復職に保護者反発 »