September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「原発運転延長―わざわざ不信を買うか」 不信を買っているのは朝日新聞だろうが | Main | 大飯原発と首相 再稼働の決断を支持する »

June 09, 2012

「首相会見―脱原発依存はどこへ」って「脱原発」は左翼の陰謀でしかない

 「首相会見―脱原発依存はどこへ」(朝日新聞:6月9日社説)

 昨日、野田首相が大飯原発再稼働を明言したのだが、朝日新聞は次のように書く。

 「関西電力の大飯原発3、4号機を再稼働させる。停電が起きれば、命の危険にさらされる人が出る。動かさないと電気代も上がる。企業や家庭に影響が出る。空洞化も加速する。首相は脅さんばかりに語った」

 電力不足による停電の危険は首相の言う通りであり当たり前なのだが、朝日新聞は「脅さんばかりに」などと書く。客観性も何もない。そもそも原発事故の危険性を訴えて読者を脅してきたのは朝日新聞である。

 地球温暖化についてもそうだった。朝日新聞は温暖化で海面が上昇して、日本の小学生が腰まで水に浸かって通学するコマーシャルを流している。科学的根拠のないイメージ操作による脅しである。それはそうと、火力発電が増えれば二酸化炭素が増えて地球温暖化が進展するのではなかったか。最近は何も言わない朝日新聞。どうしたの?

 「いったい、『脱原発依存』はどこへ行ったのか」

 最初から「脱原発依存」など決まっていない。朝日新聞が勝手に期待していただけだろうが。

 「当面、最低限の再稼働が必要と判断したとしても、中長期の方向性については揺らぎがないことを国民に説明するのが、首相がとるべき姿勢だ」


 はあ?どうしても「脱原発」に向かいたいようだ。左翼の言い分と同じだ。

 「これでは、政権の原発政策が大きく転換したと受け止められても仕方がない」

 だから、政権の原発政策は「脱原発」ではなかったはずだ。左翼の菅直人が首相辞任直前に言い出しただけである。それに乗って「脱原発」を主張しているのが朝日新聞だろうが。不偏不党のカケラもない左翼アジテーション新聞だ。

 「京都や滋賀の知事をはじめ周辺自治体が原発の安全性確保に関与を求めるのは当然だ」

 奴らは「安全性確保」を求めていない。原発廃止を求めている。なぜなら奴らの言う「絶対的な安全」などあり得ないからだ(これは原発に限らず、飛行機、自動車、等々あらゆるものについて言える)。

« 「原発運転延長―わざわざ不信を買うか」 不信を買っているのは朝日新聞だろうが | Main | 大飯原発と首相 再稼働の決断を支持する »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54918544

Listed below are links to weblogs that reference 「首相会見―脱原発依存はどこへ」って「脱原発」は左翼の陰謀でしかない:

« 「原発運転延長―わざわざ不信を買うか」 不信を買っているのは朝日新聞だろうが | Main | 大飯原発と首相 再稼働の決断を支持する »