September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「景気の復調―今こそ企業は前に出よ」という朝日新聞、隗より始めればどうか | Main | 「市長のいじめ被害告白はパフォーマンス、むごい」口頭弁論で、いじめ自殺の生徒の父 »

May 23, 2012

「男を犬扱いし不快」 女性歌手の新曲 放送禁止求める

 「『男を犬扱いし不快』 女性歌手の新曲 放送禁止求める」(東京新聞:5月23日)

 韓国で「犬」は差別用語。食用だし。

 日本のTVで放送されているソフトバンクのCMで、父親は犬。日本人を蔑視しているのだ。

 記事を引用する。

 【ソウル=辻渕智之】韓国で有名女性歌手の新曲に対し、市民団体「男性連帯」が二十一日、「男性を犬のように見下した歌詞で不快」と、販売や放送禁止を求める仮処分をソウル中央地裁に申し立て、物議を醸している。

 曲はペク・チヨンさん(36)の「グッドボーイ」。十七日発売直後に各種音楽チャートの一位を占めた。歌詞には「命じたことを全部てきぱきとやる」「よくしてあげたのに主人にかみつくなんて」などの表現がある。曲のビデオには犬を連れ歩く場面も登場する。

 男性連帯は「年上女性が恋人の男性を主人と犬の関係のように飼いならす設定。女性を犬のように扱う表現の自由が通用するだろうか」と訴える。

 男性連帯は、過度のフェミニズムに反対する団体。韓国メディアによると、昨年十一月には、男性主人公がペットのように扱われる映画「きみはペット」が男性の人格を冒とくすると上映禁止仮処分を申請したが、「説得力がない」と棄却された。

« 「景気の復調―今こそ企業は前に出よ」という朝日新聞、隗より始めればどうか | Main | 「市長のいじめ被害告白はパフォーマンス、むごい」口頭弁論で、いじめ自殺の生徒の父 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54784533

Listed below are links to weblogs that reference 「男を犬扱いし不快」 女性歌手の新曲 放送禁止求める:

« 「景気の復調―今こそ企業は前に出よ」という朝日新聞、隗より始めればどうか | Main | 「市長のいじめ被害告白はパフォーマンス、むごい」口頭弁論で、いじめ自殺の生徒の父 »