September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ハイエクの大予言 | Main | 大阪市職員100人超が入れ墨! »

May 16, 2012

「日中関係―いがみ合うだけでなく」と中国を利する朝日新聞

 これもまたひどい社説だ。引用して意見を書く。

 「日中関係の歯車がかみ合わない。せっかく国交正常化40年の節目の年なのに、いがみあうような場面が続くのは残念だ」

 日中国交正常化で、日中間の友好関係が進展したか。正反対だ。中国は自国が成長するまでじっと待っていただけで、日本と友好関係を図ろうなどとは一切思っていなかった。今もそうだ。「国交正常化40年」などには、何の意義もない。

 「このところの不協和音の背景には、石原慎太郎東京都知事の『尖閣購入発言』や、新疆ウイグル自治区からの亡命者組織による『世界ウイグル会議』の東京開催がある」

 紛れもなく日本固有の領土である尖閣諸島を侵略しようと軍事的圧力をかけているのが中国である。無能な政府・民主党にかわって日本の領土を守ろうとする石原東京都知事の行動は賞賛に値する。その結果が5億円を超える寄付金だ。朝日新聞が批判したのと国民の意思は正反対なのだ。

 「世界ウィグル会議」がどこで開かれようと、日本では言論の自由が保障されているので、文句を言う根拠はない。

 朝日新聞が挙げている「不協和音」は、ただただ中国が軍事独裁国家であることのみに起因する。日本には一切の責任はない。だが、社説では日中双方に問題があるかのように書いている。

 「中国政府は、ウイグルの人々に日本政府が査証(ビザ)を出したことに反発している。だが、犯罪者でもない人物の入国を拒む理由など日本にはない。それを『独立運動にお墨付きを与えた』と見るのは筋違いというしかない」

 そうなのか。日本は中国のウィグル人弾圧に対して反対しないのか。朝日新聞が普段から声高に主張している人権はウィグル人にはないのか。あまりにも消極的ではないか。

 「中国政府が領土に対する国内世論や、少数民族の扱いに敏感にならざるを得ない事情はわからないでもない」

 極めつけだな。軍事独裁国家の「事情がわかる」というのは。朝日新聞が中国に肩入れしているからだろう。

« ハイエクの大予言 | Main | 大阪市職員100人超が入れ墨! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54723451

Listed below are links to weblogs that reference 「日中関係―いがみ合うだけでなく」と中国を利する朝日新聞:

« ハイエクの大予言 | Main | 大阪市職員100人超が入れ墨! »