September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 全原発停止についての各紙社説 | Main | イオンPBチョコ菓子からアレルギー物質 »

May 06, 2012

コンプガチャは違法懸賞

 「コンプガチャは違法懸賞、消費者庁が中止要請へ」(読売新聞:5月6日)

 金を払ってくじ引きをしてアイテムが当たるのだから、これは懸賞だろう。さっさと禁止すればいい。「射幸心をあおる」「子どもが夢中になり高額請求された」という批判があるのだし。ゲーム会社に良識がないのだ。

 大体、無料ゲームでユーザを引き寄せて、有料アイテムを購入しなければゲームを有利に進められないという、ビジネスモデルが気に入らない。只で景品を配って客を集めて高額商品を買わせようとする催眠商法などと大差ないように思う。特に相手は子供が多いのだから、判断力が乏しいので尚更だ。

 そういう意味では、たとえゲーム単体が高額でも、それ以上の費用の負担なしに遊べるゲーム専用機のビジネスモデルは良心的であるといえる。

 「ソーシャルゲーム」って呼び名はよくないのでは。「Social evil game」にすればどうか。

 記事を引用する。

 携帯電話で遊べる「グリー」や「モバゲー」などのソーシャルゲームの高額課金問題をめぐり、消費者庁は、特定のカードをそろえると希少アイテムが当たる「コンプリート(コンプ)ガチャ」と呼ばれる商法について景品表示法で禁じる懸賞に当たると判断、近く見解を公表する。


 同庁は業界団体を通じ、ゲーム会社にこの手法を中止するよう要請し、会社側が応じない場合は、景表法の措置命令を出す方針。

 コンプガチャは市場規模2500億円を超えるソーシャルゲームで収益の柱の一つとなっているが、「射幸心をあおる」「子どもが夢中になり高額請求された」などの批判を受けていた。

 ガチャは、カプセル入りのおもちゃが出てくる自動販売機をイメージした商法で、1回数百円程度を払うとゲーム内で使うアイテムなどが当たる仕組み。事前にどんなアイテムが購入できるか分からず、くじのように偶然性に左右される。さらに、ガチャで購入できるアイテムのうち一定の組み合わせをそろえると、より希少なアイテム(レアアイテム)を獲得できるのが「コンプガチャ」で、昨年頃からソーシャルゲームで導入され始めた。

 コンプガチャが使われる主な人気ゲームには、モバゲーで遊べる「アイドルマスターシンデレラガールズ」やグリーの「探検ドリランド」などがある。

« 全原発停止についての各紙社説 | Main | イオンPBチョコ菓子からアレルギー物質 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54650281

Listed below are links to weblogs that reference コンプガチャは違法懸賞:

« 全原発停止についての各紙社説 | Main | イオンPBチョコ菓子からアレルギー物質 »