September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国書記官、日本国内でスパイ活動 | Main | 「裏切った民主議員に報いを」 東電労組トップが不満 »

May 30, 2012

お笑いコンビ「キングコング」梶原の母も生活保護受給

 「お笑いコンビ『キングコング』梶原の母も生活保護受給」(産経新聞:5月29日)

 梶原の母親が生活保護を15年間受給していたが、今月受給打ち切りを決めたという。

 梶原が平成14年に約2千万円のマンションを母親のために購入したことを、美談のように言っているが、この時点で生活保護を受給しているのが間違っている。なぜなら、マンションのローンなど毎月40万円以上を負担してきたというからだ。月40万もあれば、母親を扶養することは十分できたはず。生活保護など不要ではないか。

 吉本興業のコメントもまた尋常ではない。

 記事を引用する。

 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(37)の母親が生活保護を15年間受給していたことが問題となるなか、同じ吉本興業所属のお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太さん(31)の母親も昨年3月から生活保護を受給していたことが29日、分かった。

 吉本興業などによると、大阪市内に住む梶原さんの母親は祖母の介護をしながら近くの弁当店で働いていたが、会社が倒産。収入が途絶えたうえ、足も骨折し、再就職先が見つからず、福祉事務所に相談したところ、昨年3月からの受給が決まった。梶原さんら親族の経済状況も申告していたという。

 梶原さんは平成14年に約2千万円のマンションを母親のために購入。「銀行では借りられず、ノンバンクでローンを組まざるを得なかった」(関係者)ため、自身の生活費以外に、マンションのローンなどに毎月40万円以上を負担してきたという。

 昨年12月、祖母が死去後、母親のパート先も見つかり、受給額は月額11万6千円から5万円に減額されたという。梶原さんはローンが完済する今年8月に受給の打ち切りを申請する予定だったが、河本さんの受給問題が波紋を広げるなか、今月、打ち切りを決めたという。

 吉本興業は「生活保護受給の手続きには何ら瑕疵(かし)もなく、梶原としても母親への精いっぱいの援助を続けているなかでのやむを得ない経緯があったものと考えております」などとコメントした。

« 中国書記官、日本国内でスパイ活動 | Main | 「裏切った民主議員に報いを」 東電労組トップが不満 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54831815

Listed below are links to weblogs that reference お笑いコンビ「キングコング」梶原の母も生活保護受給:

« 中国書記官、日本国内でスパイ活動 | Main | 「裏切った民主議員に報いを」 東電労組トップが不満 »