September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 鳥谷が意地の4打点 でも新井貴は相変わらず | Main | 大飯再稼働「やむを得ない」=監視体制への参加要求-滋賀知事 »

May 31, 2012

「大飯再稼働―これでは不信ぬぐえぬ」という朝日新聞

 大飯再稼働―これでは不信ぬぐえぬ」(朝日新聞:5月31日社説)

 やっと再稼働が見えてきた。現実的で妥当な判断だ。原発再稼働にしつこいほど反対してきた朝日新聞の、この社説は面白い。余程気が動転しているのだろう。

 社説を引用して意見を書く。

 「野田政権が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を事実上、決めた。再稼働に反対してきた関西広域連合が30日、『限定的なものとして適切な判断』をするよう求めたことで、理解が得られたと判断した」

 細野が「限定的」などと言うのが気に入らない。が、再稼働のために馬鹿を黙らせるための方便として仕方がないところだ。

 「私たちは、見切り発車のように原発を再稼働させることに反対してきた。原発の安全性確保をめぐる状況に、大きな変化があったわけではない。野田政権の判断に強い疑問を抱かざるをえない」

 そもそもの発端は菅が首相辞任直前に原発停止やストレステストなど、個人的な考えを言いまくったことにある。原発再稼働のための条件に何ら変化がないのだから、法律に則って再稼働を進めるのが筋だ。「野田政権の判断に強い疑問を抱かざるをえない」というのはおかしい。法を外れても構わないのであれば、法治国家ではない。

 「私たちが再稼働の判断で最も重視したのは、福島の事故を踏まえた安全基準や防災対策の見直しであり、『想定外』のことが起きても減災をはかる危機対応の整備だった」

 「想定外」のことに危機対応をするのだから、これはもう「想定外」ではない。言う事が矛盾している。入試論文なら大幅な減点だな。

 「なにより、脱原発への道筋を明確にし、『必要な数しか動かさない』政策への転換を示すことが不可欠だと指摘してきた」

 嘘付け。原発再稼働そのものに反対してきたではないか。「必要な数に絞れ」とは言っていないだろうが。

 「ところが、野田政権が進めたのは、ストレステストの後、付け焼き刃ともいえる暫定的な安全基準を原子力安全・保安院にまとめさせ、専門家の評価なしに政治判断で再稼働に踏み出すことだった」

 「付け焼き刃」の安全基準というのは朝日新聞のレッテル貼りで、印象操作だ。事実と反する。そもそもストレステストは不要だし、「暫定的な」安全基準に合わせる必要もなかった。朝日新聞などの主張する反原発に妥協するためにすぎない。

 「政権から脱原発依存に向けた具体策は示されていない。『なし崩し的に原発を動かそうとしているのではないか』。国民の不信はぬぐえないままだ」

 脱原発依存という方向性を誰が決めたか。これは朝日新聞の願望でしかない。「なし崩し」ではなく、規則に従って原発を動かせばいいのだ。

 「こうした問題点を厳しく指摘してきた関西広域連合が30日になって、姿勢を転換したのにも首をかしげる」

 電力料金が上昇するのももちろんだが電力が不足し計画停電が起きて困るのは経済界だ。反対姿勢を転換して当然だろう。朝日新聞は停電で輪転機が止まってもいいのかなあ。関電は朝日新聞に電力を売らなければいいのに。

 「関西広域連合の会合に出席した細野原発相は、原子力規制庁の設置法案が国会で審議入りしたことを踏まえ、『規制庁発足後、大飯を含め新たな安全基準で再度精査する』と説明した」

 原子力規制庁など不要だ。政府の規制に従っていれば安全なのか。そんな事はない。現状と大同小異でしかない。

 「であれば、大飯を稼働させるにしても、あくまでこの夏に限定した措置とし、電力需要が一段落したところで再度停止することを明言すべきだ」

 朝日新聞は余程原発を止めたいようだ。しかし、新たな安全基準で再度精査して問題があれば停止しても構わないだろう。

 「加えて、運転開始からすでに40年を超える敦賀1号機や美浜1号機をはじめとした老朽化原発や、大地震などのリスクが大きい原発の廃炉を早期に打ち出す必要がある」

 朝日新聞は廃炉ばかり言っているが、その分新たに最新技術を用いた原発を建設する必要があろう。そして、40年を超えたからと言って廃炉にする必要はない。それこそ、朝日新聞が上で書いていた「新たな安全基準」を満たせばいいのではないのか。これもまた矛盾している。

 「大飯原発の再稼働で、電力融通や節電対策の手が緩むことがあってはならない」

 電力に余裕があれば使えばいい。電力は貯蔵できないことを朝日新聞は知らないのか。

 「発電所にトラブルが発生する可能性は十分にあるし、西日本全体では依然として電力は不足気味だ。今後の電力政策を考えるうえでも、送電網の広域運用や需要抑制策の実績を積み重ねていくことが重要である」

 この文章もどうか。原発を再稼働しなくても節電で電力はまかなえると言っていなかったか。「発電所にトラブルが発生する可能性は十分にある」と言うのなら、そもそも無理だったということになる。デタラメだらけだ。

 「第三者による電力需給見通しの検証を経て、国民は『原発ゼロの夏』への備えを整えつつあった。その意志を無視してはならない」

 ここでも朝日新聞は「国民は」などと書いているが、全ての国民が朝日新聞と同意見ではない(少なくともわしが朝日新聞の意見に反対だ)。だから「国民は」ではなく、「朝日新聞は」と書くべきだろう。

« 鳥谷が意地の4打点 でも新井貴は相変わらず | Main | 大飯再稼働「やむを得ない」=監視体制への参加要求-滋賀知事 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54844890

Listed below are links to weblogs that reference 「大飯再稼働―これでは不信ぬぐえぬ」という朝日新聞:

« 鳥谷が意地の4打点 でも新井貴は相変わらず | Main | 大飯再稼働「やむを得ない」=監視体制への参加要求-滋賀知事 »