September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「チベット―中国は統制より対話を」って無理だって朝日新聞 | Main | 前田国交相が「地位利用」 公選法抵触か、建設業協会に応援文書 »

April 14, 2012

一向になおらない鳩山元首相の「独善」

 「一向になおらない鳩山元首相の『独善』」(産経新聞:4月11日産経抄)

 ルーピー鳩山を仁和寺の法師に例えているのが面白い。後者は誰にも迷惑をかけないので、問題ないのだけど。

 記事を引用する。

 花見には早かったが、京都の仁和寺を訪ねた。平安時代に建立された名刹(めいさつ)だが、兼好法師の『徒然草』に出てくるちょっと「間抜け」な「仁和寺の法師」たちでも知られる。近くの双ケ岡(ならびがおか)に庵を結んでいた兼好には彼らの「内部情報」が、よくもたらされたようだ。

 ▼中でも有名なのは初めて石清水八幡宮参詣に行った法師の話(第52段)である。男山の麓にある八幡宮付属の社寺を拝んで帰り満足げだった。周りの人には「参拝した人がみな山に登っていたが、(私は)神へ参るのが本意だから登らなかった」と語る。

 ▼実はその山の上に肝心の八幡宮がある。それを誰にも聞こうとしないからトンチンカンに終わった。兼好は「先達(せんだつ)(案内人)はあらまほしき事なり」と、サラリ皮肉るが、三木紀人氏監修の『方丈記と徒然草』は「何事にも独善的な振る舞いを暗に戒めている」という。

 ▼鳩山由紀夫元首相のイラン訪問も「独善的な振る舞い」に終わった。この時期に行けば、対イラン包囲網の足並みを乱すことになるとして、外務省などが再三、訪問中止を要請した。しかし鳩山氏は聞く耳を持たずに訪問を強行、大統領との会談を行った。

 ▼案の定、イラン側は鳩山氏が国際原子力機関について「二重基準で公平でない」とイラン寄りの発言をしたように報じた。本人は否定したが後の祭りだ。しっかりイランに利用されたわけで、全力でこれと対決している国際社会からつまはじきされかねない。

 ▼仁和寺の法師の場合は『徒然草』で冷やかされるだけですんだ。本人も反省したかもしれない。だが元首相のトンチンカンな独善は一向になおらない。一刻も早く政界を去っていただくのが、国のためである。

« 「チベット―中国は統制より対話を」って無理だって朝日新聞 | Main | 前田国交相が「地位利用」 公選法抵触か、建設業協会に応援文書 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54468997

Listed below are links to weblogs that reference 一向になおらない鳩山元首相の「独善」:

« 「チベット―中国は統制より対話を」って無理だって朝日新聞 | Main | 前田国交相が「地位利用」 公選法抵触か、建設業協会に応援文書 »