September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 死者8人 容疑者家族「いつか事故を起こすのではと心配していた」 | Main | 「女性参加いいのか」「男女平等」賛否両論のすえ、1200年の伝統に風穴 »

April 14, 2012

運転手「てんかん」治療…相次ぐ事故、遺族ら署名提出

 「運転手『てんかん』治療…相次ぐ事故、遺族ら署名提出」(産経新聞:4月12日)

 最も求められるのは、危険だから運転をしないという運転手自身の自覚だ。厳しく責任を問わないといけない。しかし、今回の場合、運転手も死亡しているので責任の問いようがない。雇用主の責任をとうか。どうすべきか。

 記事を引用する。

 京都・祇園で歩行者の列に車が突っ込んだ事故では、車を運転していて死亡した藤崎晋吾容疑者が、突然意識を失うてんかんの治療を受けていたことが家族の証言から判明した。栃木県で小学生6人が死亡した事故などでも問題化したてんかん患者による車の運転。事故の遺族は厳罰化などを求める署名を提出しているが、病気の差別につながる可能性もあり、対応は一筋縄ではいかなそうだ。

■「記憶がない」

 「(何かに)ぶつかったことは覚えている。人をはねたか覚えていない」

 栃木県鹿沼市の事故は昨年4月18日に発生。元運転手、柴田将人受刑者(27)=自動車運転過失致死罪で懲役7年の判決確定=がクレーン車を運転して工事現場に向かう国道で、小学生の列に突っ込み、9~11歳の6人が死亡した。クレーン車は時速約40キロ前後のスピードで児童をはね飛ばしていて、急ブレーキが踏まれた形跡は確認できなかったという。

 栃木県警の調べに、柴田受刑者は事故の瞬間の記憶がないことを供述。免許取得の際には持病のてんかんを隠していた。

 平成22年12月には、三重県四日市市で、踏切待ちをしていた自転車の3人に乗用車が追突。線路内に押し出されて、2人が死亡、1人が負傷した。運転していた歯科医、池田哲被告(47)=控訴中=はてんかんの持病があり、三重県警の調べに「事故直前から搬送された病院までの記憶がない」と供述した。

■ 免許取得に条件

 てんかん患者の運転免許取得は、14年施行の改正道路交通法で可能となった。5年以内に発作がなく、「今後、発作が起きるおそれがない」と医師が診断していることなどが条件となる。一方で、てんかんであることを申告しなくても罰則はない。

 栃木県の事故の「遺族の会」は今月9日、刑法改正などを求める署名計約33万人分を国家公安委員長らに提出したばかりだった。免許を不正取得し事故を起こした場合は、法定刑のより重い危険運転致死傷罪を適用するよう法改正することなどを求めている。

 遺族の会代表で、亡くなった大森卓馬君=当時(11)=の父で会社員、大森利夫さん(47)は「てんかん運転者といっても、きちんと申告した人もいれば、無申告で免許を取得した無責任な者もいる。病気を差別しないためにも区別しなければならない」と話した。

 次男がてんかん患者の兵庫県宝塚市の主婦(52)は「事故でてんかんに対する誤ったイメージが一人歩きしないか心配だ。誤解が患者であることを打ち明けにくくし、再び事故が起こるという悪循環に陥る」と不安げに話した。

 順天堂大学の菅野秀宣准教授(てんかん外科担当)は「栃木の事故の発作と似たようなものだろう。ただ、発作の形態はさまざまで、薬がよく効き運転に支障のないケースもある。前提となるのは、しっかりと専門医の治療を受け、指示をよく聞くことだ。そうでないならば、ハンドルを握るのは危険といわざるを得ない」と指摘する。

« 死者8人 容疑者家族「いつか事故を起こすのではと心配していた」 | Main | 「女性参加いいのか」「男女平等」賛否両論のすえ、1200年の伝統に風穴 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54469393

Listed below are links to weblogs that reference 運転手「てんかん」治療…相次ぐ事故、遺族ら署名提出:

« 死者8人 容疑者家族「いつか事故を起こすのではと心配していた」 | Main | 「女性参加いいのか」「男女平等」賛否両論のすえ、1200年の伝統に風穴 »