September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 東京の署名、25万人分 原発投票、必要数に | Main | パナソニック「さよならVHS」 デジタル化で生産終了 35年の歴史に幕 »

March 25, 2012

原発住民投票条例「作れるわけがないし作るつもりない」 石原都知事

 2月9日の産経新聞のページに、「原発住民投票条例『れるわけがないし作るつもりない』 石原都知事」という記事がある。石原都知事の言う通りである。

 「代案も出さずにセンチメント(感情)で言っている」
 「原爆のトラウマがあるから、みな一種の恐怖感で言っている。人間は技術を開発し、失敗や挫折、事故もあったが、克服することで文明が進歩してきた」

 脱原発は日本の技術の進化を否定するものである。

 記事を引用する。

 市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」による原発稼働の是非を問う住民投票条例制定を求める署名が東京都で法定必要数を上回る見通しとなったことに関して、石原慎太郎都知事は10日の定例会見で「代案も出さずにセンチメント(感情)で言っている」と懸念を示し、「手続きを出したらいいが、条例を作れるわけがないし、作るつもりもない」と否定的な見解を示した。

 今後は選管審査で必要数を上回れば、市民団体が条例案を作成し、知事に請求。知事は賛否などの意見書を添えて都議会に付議する。

 石原氏は「原爆のトラウマがあるから、みな一種の恐怖感で言っている。人間は技術を開発し、失敗や挫折、事故もあったが、克服することで文明が進歩してきた」との見方を述べた。

 また、東電以外の電力事業者からの購入を求める声が増えていることに関し、「東電や関電など大手以外のシェアは3%程度しかなく、それに集中しても、東京の電力がまかなえるわけがない」とも述べた。


« 東京の署名、25万人分 原発投票、必要数に | Main | パナソニック「さよならVHS」 デジタル化で生産終了 35年の歴史に幕 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54300751

Listed below are links to weblogs that reference 原発住民投票条例「作れるわけがないし作るつもりない」 石原都知事:

« 東京の署名、25万人分 原発投票、必要数に | Main | パナソニック「さよならVHS」 デジタル化で生産終了 35年の歴史に幕 »