September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 田中防衛相、沖縄へ“卒業旅行”?「問責」直前 名護市長らと会談 | Main | がれき処理呼びかけ、環境相に反対派怒号 「京都の子供殺すのか」 »

March 31, 2012

「がれき焼却灰、受け入れを検討 近江八幡市長」 何で最終処分を滋賀県で?

 「がれき焼却灰、受け入れを検討 近江八幡市長」(京都新聞:3月26日)

 環境相の細野は近江八幡市出身なので、近江八幡市にがれき受け入れを「要求」したのではないか、と思ってしまう。

 がれきの焼却処理ではなく、焼却灰の最終処分を近江八幡市が請け負うという事だ。わしはかねてから最終処分地を福島第一原発周辺にすべきであると言っている。汚染されて除染どころか居住の見込みがないのだから。それをなぜわざわざ近江八幡市にするんだ。

 滋賀県知事のバ嘉田は大飯原発再稼働に反対するより、こちらに反対すべきではないのか。琵琶湖は関西の水源であろうに。

 記事を引用する。

 東日本大震災のがれきを燃やしてできる灰について、近江八幡市の冨士谷英正市長は26日、市の最終処分場での受け入れを検討する考えを示した。岩手、宮城両県で発生したがれきで焼却後の放射線量が国の基準値以下と確認された灰に限定し、処分場周辺の住民に理解を求める。27日の滋賀県市長会で表明する。

 冨士谷市長は「最終処分場での受け入れを考えたい」と26日の定例会見で述べた。受け入れを検討する処分場は、家庭ごみの焼却灰を処分している近江八幡市水茎町の「市立一般廃棄物最終処分場」。県内外の焼却場から3年間でがれきの焼却灰計1万トン前後を受け入れ、埋め立て処分することを検討する。

 今後、水茎町地域の住民などに安全性を説明した上で、国や県市長会と受け入れ方法を協議する。冨士谷市長は「被災地に対して自治体ができることをするのは当然。できるだけ早期に受け入れたい」としている。

 震災がれきをめぐっては、高島市ががれきの焼却処理を行う方針を固めているが、焼却灰の最終処分先の確保が課題になっている。

« 田中防衛相、沖縄へ“卒業旅行”?「問責」直前 名護市長らと会談 | Main | がれき処理呼びかけ、環境相に反対派怒号 「京都の子供殺すのか」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54357770

Listed below are links to weblogs that reference 「がれき焼却灰、受け入れを検討 近江八幡市長」 何で最終処分を滋賀県で?:

« 田中防衛相、沖縄へ“卒業旅行”?「問責」直前 名護市長らと会談 | Main | がれき処理呼びかけ、環境相に反対派怒号 「京都の子供殺すのか」 »