September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「高台移転と地価 復興妨げる動きは監視を」にあえて反対する | Main | PAC3配備の目的は必要以上に住民不安をあおる? 北朝鮮のミサイルよりも?? »

March 31, 2012

平等という呪い、平等という偽善、平等という狂気

Blog「『小さな政府』を語ろう」さんに、「平等という呪い、平等という偽善、平等という狂気」という投稿がある。

 ルソーの、そしてフランス革命以来の「平等」思想に決別しないと、日本の未来はない。

引用する。

ルソーに起源をもつ近代啓蒙思想の根幹「平等」 果たして、「平等」は善といえるのだろうか?

平等という呪い

この国では、平等が隆盛を誇っている。

平等、すばらしい響きなのである。

平等に反するものは全て悪であり、糾弾すべきである。

さて、平等、そして平等を追求することが何を意味しているのか
冷静に考えてみたい。

われわれはどういう意味において平等なのであろうか。

まず、事実を確認しよう。

 ・人間ひとりひとりのDNAはすべて異なっている。
 ・人間ひとりひとりの産まれる時刻と場所はすべて異なっている。
 ・人間ひとりひとりの境遇はすべて異なっている。

これらはどうしようもない不平等であろう。
われわれは生まれるときから不平等である。
一方で、こんなことは平等であろう。

 ・人間はたんぱく質と脂肪とカルシウムなどで出来ている。
 ・人間は物理法則を逃れられない。例えば、重力を受けるとか。

我々は「物質である」という意味では平等である。
しかし、生物・生き物としての面に注目するとまるで平等でない。
あえて言えば

 ・人間はみな死ぬ

このことは平等であろう。

さて、以上のことが意味することは残酷である。

われわれは平等によさを感じる、そして、それを追求する。
追求してみれば、さまざまな不平等があることに気づくから
つぎつぎと対策をほどこしてゆく。
しかし、尽きることはない。どんどんやる。
そして、上に書いたことにたどり着くのである。

  人は、物質としては平等だ。

だから、物質としてのレベルを強制しよう、と。

我々をいのちあるものとしてみるのではなく、
ものとしてみる、ロボットとしてみる。

そうすれば平等が実現できる。

具体的には、どうすればいいだろうか。
それには、何が人と人の違いを作り出してゆくのか
それを見つけ出して根絶してゆけばよい

  教育の違い
  財産の違い
  家庭の違い
  信仰の違い
  仕事の違い
  性別の違い
  年齢の違い
    :
    :

これらのものひとつでも見逃せば平等は実現できない。

かくして、我々をいのちあるものとしてみるのではなく、
ものとしてみる、ロボットとしてみることになるのである。

考えてみればよい。
平等が達成されている状態とは、次のような状態である。

  だれも、あなたのことをうらやましく思うことはない
  だれも、あなたのことを尊敬することはない
  だれも、あなたに一目おくことはない
  だれも、あなたに感謝することはない
  だれも、あなたに愛をそそがない

ケモノ以下の生き方をすること。
あらゆる感性を麻痺させること。

別の角度でいえばこんな社会である

  犯罪者が尊敬をうける
  下品が賞賛される
  悪人が権力をにぎる
  裏切りが正しいこととなる
  正直者が馬鹿を見る

なるほど、この国はそうなりつつある。

平等を追求するとは、

  文明を捨て
  家族を捨て
  誇りを捨て

人間らしさを捨てることに他ならない。

はて、そんなことを求めていたのであろうか。
しかし、人類は、フランス革命以来延々と
この絶望必至の戦いを挑んでいるのである。

仏教では、このようにいわれる。

  平等成仏

人は、等しく仏になれる、このような教えである。
可能性の中に幸せを見出す、そんな平等。

わたしは、この平等はよき平等であると思う。
他の平等は、はたして正当性があるのであろうか。
他の平等は、追求した結果、人を幸せにするのであろうか。

 参考:

 ・フランス革命についての省察ほか〈1〉 (中公クラシックス)
Furansukakumeinituitenosyosatu1

 ・フランス革命についての省察ほか〈2〉 (中公クラシックス)
Furansukakumeinituitenosyosatu2

« 「高台移転と地価 復興妨げる動きは監視を」にあえて反対する | Main | PAC3配備の目的は必要以上に住民不安をあおる? 北朝鮮のミサイルよりも?? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54353575

Listed below are links to weblogs that reference 平等という呪い、平等という偽善、平等という狂気:

« 「高台移転と地価 復興妨げる動きは監視を」にあえて反対する | Main | PAC3配備の目的は必要以上に住民不安をあおる? 北朝鮮のミサイルよりも?? »