September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« チベット族が抗議デモ 中国、焼身自殺も相次ぐ | Main | 本当に心配になってくる田中防衛相 »

March 31, 2012

「ヒトラーが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう」 谷垣氏が橋下氏の大阪維新めぐり警鐘

 「『ヒトラーが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう』 谷垣氏が橋下氏の大阪維新めぐり警鐘」(産経新聞:3月18日)

 谷垣も馬鹿じゃないのか。橋下市長をヒトラーに例える話を最近聞くが根拠などない。そもそもヒトラーが出現したのはドイツだし、時代背景も違うし、人々の判断も異なるはずだ。日本の自衛隊が軍備を増強したら再び戦争になる、というのと同じ低レベルの話だ。橋下氏を独裁者扱いするのは氏を貶めているだけである。

 それを気にするのなら現に政権与党に居座っている左翼政党・民主党の方が危険だ。菅首相(元)は、政権を「期限付きの独裁」と言い切っていたではないか。

 谷垣もヒトラー云々などと言うよりも保守政党としての自民党の信用を取り戻すように努めないといけない。例えば、党首を安倍元首相に譲るとか、田母神氏を迎え入れるとかすればどうか。

 記事を引用する。

 自民党の谷垣禎一総裁は18日、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」の国政進出に期待が高まる政治状況について、戦前に日本軍部やヒトラー、ムソリーニが台頭した際を想起させるとの観点から警鐘を鳴らした。

 京都府内で講演し「政党政治が駄目だということで昭和10年代に日本で軍部が出てきた。ヒトラー、ムソリーニが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう」と述べた。

 谷垣氏は、維新の会について「(事実上の次期衆院選公約である)維新八策はいろいろ問題点があり、方向性が明らかな政党になるかは未知数だ」と指摘した。同時に「既成政党に期待しても無理との気分があるから、第三極が期待を集めている」と分析。「軍部やヒトラーらが出てきたのは、既成政党や議会政治では物事を処理できないと多くの国民が思った時だった。議会政治家はそれを十分に意識し、国民の批判を受け止めなければいけない」と力説した。

« チベット族が抗議デモ 中国、焼身自殺も相次ぐ | Main | 本当に心配になってくる田中防衛相 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54353211

Listed below are links to weblogs that reference 「ヒトラーが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう」 谷垣氏が橋下氏の大阪維新めぐり警鐘:

« チベット族が抗議デモ 中国、焼身自殺も相次ぐ | Main | 本当に心配になってくる田中防衛相 »