September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 橋下市長バッサリ「無駄な労力」学校文書手書き | Main | 「うるう年」の処理ミスでWindows Azureにサービス障害 »

March 31, 2012

「ありがとう、台湾」テレビや新聞に広告を掲載

 「『ありがとう、台湾』テレビや新聞に広告を掲載」(産経新聞:3月10日)

 台湾は日本に対して約約200億円もの義援金を寄付してくれている。他国と比べてもダントツで1桁多い。日本政府は台湾を国家と認めず中共と国交を結ぶなど台湾に対して非礼ともいえる行為をし続けている。にもかかわらずこの厚意だ。ありがたいことこの上ない。日本文化が好意的に受け入れられているのも、かつての日本統治時代の良かった面も評価してくれているのも有難い。日本はもう台湾に足を向けて寝られないのではないか。

 記事を引用する。

 【台北=吉村剛史】日本の対台湾民間交流窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)は11日から17日まで、台湾のテレビ各局や繁華街の屋外モニターなどで、東日本大震災の被災地に約200億円もの義援金を寄せ、いまなお支援を続けている台湾社会への「感謝CM」を流す。

 宮城県仙台市の母子や、石巻市の男子中学生、岩手県陸前高田市の木工職人など老若男女の被災者らが、復興、再生を語る内容で、共通メッセージは「我很元気 台湾、謝謝●(=にんべんに尓)」(元気です。ありがとう台湾)。インターネット上のユーチューブでも配信する。

 10、11、17日には同事務所がスポンサーとなった震災特別番組2本も複数のテレビ局で放送され、台湾の主要4紙には今井正代表(大使に相当)らからの感謝メッセージや、CMと同内容の広告が11、12日付で掲載予定。

 昨春、日本政府が米、英、仏、露、中、韓各国の主要紙と、国際英字紙の計7紙に広告を掲載したものの、台湾は対象外で、市民有志が寄付金で台湾2紙に広告を掲載した経緯がある。東日本大震災1年では、息の長い支援を寄せる台湾に、深い謝意が表明された。

« 橋下市長バッサリ「無駄な労力」学校文書手書き | Main | 「うるう年」の処理ミスでWindows Azureにサービス障害 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54352783

Listed below are links to weblogs that reference 「ありがとう、台湾」テレビや新聞に広告を掲載:

« 橋下市長バッサリ「無駄な労力」学校文書手書き | Main | 「うるう年」の処理ミスでWindows Azureにサービス障害 »