September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 田中防衛相「物笑いの種」 北朝鮮通信社が報道 | Main | 鳩山氏「外交」、菅氏は「新エネ」担当 »

March 24, 2012

民主チョ~いい加減!ビザ緩和でも議事録作らず

 ZAKZAKのページに、「民主チョ~いい加減!ビザ緩和でも議事録作らず」という記事がある。わしは緩和には絶対反対の立場である。

 ・中国人ビザ緩和 治安を悪化させぬ対策も
 ・中国「観光ビザ緩和」 これ一策だけでも、民主党政権は「失格」
 ・『中国人向けビザを緩和』/「『反対』が9割近く
 ・シナ人のビザ緩和

 という風に取り上げてきた。民主党は大震災のドサクサに紛れて売国政策を実行に移したのである。この政策を決定した時の議事録も作成されていなかったというのだ。責任は民主党にあるのは間違いないが、誰がどういう発言をして決定に至ったのか一切不明である。このような密室政治を許してはいけない。

 驚くべきことに、記事には次のようにある。

 「表向き、『沖縄県の観光振興のため』となっているが、実際は、初回の日本訪問時に1泊以上沖縄に滞在すれば、翌日からは日本中どこにでも訪問・滞在が可能になる。2回目以降は、日本のどこからでも入国でき、自由に入出国できるのだ」

 要は支那人を日本に出入り自由にしているのだ。外国人犯罪者や不法滞在者における支那人の占める割合を考えれば、「ビザ緩和」などすべきではない。売国政党・民主党を許してはいけない。即刻ビザ緩和を中止しないといけない。

 それでなくても日本にはスパイ防止法がなく外国人はやり放題だ。スパイ公館が堂々と看板を掲げることを黙認し固定資産税を減免している国など日本だけだろう。事が起これば支那人は一斉に蜂起する(朝鮮人もだが)。北京オリンピックの聖火リレー時に発生した長野での騒乱を忘れてはいけない。

 記事を引用する。

 民主党政権が、福島第1原発事故関係の会議議事録を作成していなかった問題が取り沙汰されているが、他にも同様のケースがあった。昨年7月、国会でも沖縄県議会でも何の議論もされずに中国人観光客のビザが緩和された。一部では「不法滞在者の増加を招きかねない」と指摘されているが、この議事録も作成されていなかったのだ。

 ビザ緩和は、これまで15日だった中国人の短期滞在ビザの有効期間を3年(1回の滞在期間は90日)に延長し、その間であれば何回でも訪日できるようにしたもの。

 表向き、「沖縄県の観光振興のため」となっているが、実際は、初回の日本訪問時に1泊以上沖縄に滞在すれば、翌日からは日本中どこにでも訪問・滞在が可能になる。2回目以降は、日本のどこからでも入国でき、自由に入出国できるのだ。

 元警視庁捜査官で「日本が中国の『自治区』になる」(産経新聞出版)の著書があるノンフィクション作家の坂東忠信氏は「現場の捜査官も『これは事実上のノービザではないか』という危機感を持っている。最近、中国人相手に違法スレスレといえる滞在許可ビジネスが増えている。不法滞在者の組織的合法化など新裏ビジネスにつながる可能性がある」と語る。

 現に、東京入国管理局に問い合わせると「90日を過ぎても帰国しない場合、何らかの理由で警察の職務質問を受けて、オーバーステイが発覚しない限りどうしようもない」と回答した。

 一体、このビザ緩和はどのようにして意思決定されたのか。

 公文書管理法で、議事録が作成されているはずだと、外務省外国人課に議事録提出を求めると「議事録はない」という返答。仕方なく、自民党国会議員の事務所を通じて、国政調査権を根拠に議事録提出を求めてもらったが、同様に議事録は出てこなかった。

 民主党政権は、日本をどうするつもりなのか。(ジャーナリスト・仲村覚)

« 田中防衛相「物笑いの種」 北朝鮮通信社が報道 | Main | 鳩山氏「外交」、菅氏は「新エネ」担当 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54300105

Listed below are links to weblogs that reference 民主チョ~いい加減!ビザ緩和でも議事録作らず:

« 田中防衛相「物笑いの種」 北朝鮮通信社が報道 | Main | 鳩山氏「外交」、菅氏は「新エネ」担当 »