September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 前原氏 産経記者の会見出席を拒否 | Main | 「言うだけ番長」のどこが「事実と異なる」のか?答えてみろよ前原 »

March 26, 2012

本紙への会見拒否 前原氏の言論感覚を疑う

 「本紙への会見拒否 前原氏の言論感覚を疑う」(産経新聞:2月25日社説)

 前原の言動で民主党の本性がかいま見れたという事か。「言論統制につながりかねない施策が相次いで打ち出されるところに、民主党の『体質』がある」。その通りであり、非常に危険な状況だ。

 前原も産経新聞を相手にしたのが運のツキだ。産経新聞はかつて中国から取材拒否を受け中国から追い出されたが、公正な報道を曲げなかった。中国に対して提灯記事を書き続けたのが朝日新聞であった。で、前原の行動は、中国と類似しているのではないか。嫌らしいことこの上ない。

 社説は次の通り。

 自由な言論こそ健全な民主主義社会の基本であることを、民主党の前原誠司政調会長は理解しているのであろうか。

 産経新聞の報道内容を理由に、本紙記者を記者会見から排除し、取材拒否を通告したのは、日本社会の根源的な価値を否定していると言わざるを得ない。

 政権与党の政策責任者である前原氏の政策判断は、国益や国民の利害に直結する。その言動がとりわけ詳細に報道され、厳しい評価の対象となるのは当然だ。

 報道内容が気に入らないからと特定のメディアを締め出して、自己正当化を図るような行為は断じて許されない。

 本紙は、前原氏が国土交通相時代に建設中止を表明した八ツ場(やんば)ダムの再開を最終的に受け入れたり、東日本大震災の復興財源をめぐり政府案より2兆円多い税外収入の目標額を表明したりした際などに、言葉ばかりで結果が伴わないという意味で「言うだけ番長」との表現を用いた。

 報道機関が正確で公正な報道に努め、表現方法にも留意しながら報道の自由の権利を行使すべきであることは言うまでもない。政治家は結果責任を厳しく問われることを忘れてはなるまい。

 本紙は、文化大革命当時の報道姿勢を理由に、北京に常駐する特派員が中国共産党政府により追放され、昭和42年から31年間、北京支局が閉鎖されたことがある。

 前原氏の行為も、相手の批判を許さず、意見の異なる者からの取材は受け付けないという思想や体制と重なり合ってはいないか。

 本紙記者の排除に対して、他の報道機関も前原氏や民主党に抗議した。民主党は「記者会見は党主催」などと排除を正当化しているが、国民の税金である政党助成金を受け取っている公党のとるべき態度とはいえない。

 野田佳彦首相は24日、前原氏に事実関係を聞きたいと述べていたが、実際にはそうしなかった。

 民主党政権は自衛隊施設での行事で、民間人の政権批判を封じることを目的とした防衛事務次官通達を出した。自由な報道活動を阻害する恐れのある、新たな人権救済機関「人権委員会」の創設も目指している。

 言論統制につながりかねない施策が相次いで打ち出されるところに、民主党の「体質」があるのではないかと憂慮する。

« 前原氏 産経記者の会見出席を拒否 | Main | 「言うだけ番長」のどこが「事実と異なる」のか?答えてみろよ前原 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54309797

Listed below are links to weblogs that reference 本紙への会見拒否 前原氏の言論感覚を疑う:

« 前原氏 産経記者の会見出席を拒否 | Main | 「言うだけ番長」のどこが「事実と異なる」のか?答えてみろよ前原 »