September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 挙手・採決 職員会議の悪慣行一掃を | Main | “素人大臣”田中防衛相、日米「極秘事項」をうっかり暴露 »

March 24, 2012

「懸念が現実に」防衛相炎上 自民・小池氏「絶句…イロハのイだ」

 2月2日の産経新聞のページに、「『懸念が現実に』防衛相炎上 自民・小池氏『絶句…イロハのイだ』」という記事がある。田中防衛相をすぐに止めさせるべきだ。こんな奴がトップであるということが、支那や朝鮮、ロシアに広まると、奴らは対日軍事力強化に努めるだろう。日本を侵略することなど出来ないと思わせるような人物を防衛相に据えないといけない。首相の任命責任が強く問われる。こうしている間にも日本や日本人に対する危険が日々一刻と強まってくるではないか。

 記事を引用する。

 就任当初の懸念どおり田中直紀防衛相が野党の批判にさらされ炎上している。沖縄県宜野湾市長選をめぐる沖縄防衛局長の「講話」問題の発火は想定外にしても、田中氏の国会答弁は不安極まりない。1日の衆院予算委員会では、野田佳彦首相が日米同盟を外交・安全保障の基軸に位置付けているにもかかわらず、米軍の新たな基本戦略も知らない“素人”ぶりを露呈した。(斉藤太郎)

 小池百合子氏(自民)「エア・シーバトル(空海戦闘)の戦略目標は何か」

 田中氏「米国の新国防戦略は歓迎しておりますが…。今言われたことまで、今理解しているところではありません」

 米軍の新戦略「エア・シーバトル」の根幹が何かをただされると田中氏はあっさり白旗を上げた。小池氏は目を丸くし「あの…絶句しているんですけど。防衛のイロハのイだ」。

 防衛相経験者として小池氏は、米戦略と日本の防衛戦略の整合性をどうとるかとたたみかける。田中氏は「『陸海空』の話し合いを進めていく」と当たりさわりのない答弁でしのいだつもりが墓穴を掘った。エア・シーバトルは海・空軍力を急速に増強する中国への抑止力を強化するため、その名のとおり「海空」の能力向上が柱だ。

 小池氏は断じた。

 「『陸海空』ではない。同盟を深化させる肝の部分を知らない」

 田中氏が珍しく歯切れがよかったのは、沖縄防衛局の真部朗局長が宜野湾市長選に向け職員に講話をしたことを問われたときだ。

 「私は関与していません」。答弁の際には秘書官を後ろに張り付かせ官僚に頼り切りにもかかわらず、この問題では「保身」を図る姿勢を鮮明にした。

 真部氏が講話を発案したとされる1月4日は田中氏の大臣就任前で、自身の関与は追及されないとタカをくくっている節がある。

 自民、公明両党は米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、かつては条件付きで県内移設を容認していた県議を推薦。対抗馬は「国外移設」で一貫している元市長で、政府と自民、公明の立場は近い。

 もっとも、これで田中氏の「資質」に対する追及の手が弱まることはない。自民党の大島理森副総裁は1日のBS11の番組収録で、同党などが視野に入れる問責決議案の参院提出前に、首相が田中氏更迭に踏み切るべきだとの考えを示し、こうもらした。

 「答弁をみても見るに見かねるような状況だ」

« 挙手・採決 職員会議の悪慣行一掃を | Main | “素人大臣”田中防衛相、日米「極秘事項」をうっかり暴露 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54298640

Listed below are links to weblogs that reference 「懸念が現実に」防衛相炎上 自民・小池氏「絶句…イロハのイだ」:

« 挙手・採決 職員会議の悪慣行一掃を | Main | “素人大臣”田中防衛相、日米「極秘事項」をうっかり暴露 »