September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 障碍者を害する民主党 | Main | 「レアアース―中国はWTO協定守れ」って守るわけがないぞ、朝日新聞 »

March 31, 2012

「滋賀県県平和祈念館が開館」って税金の無駄

 「県平和祈念館が開館」(中日新聞:3月18日)

 平和祈念館で「二度と戦争を起こさない」とか「平和の尊さを子どもたちに伝え」るという。だが戦争をするかどうかは相手国次第だ。相手国が侵略してきても戦争をせず無条件降伏するのか。また平和な状態を維持するためには軍備が必要となる。永世中立国のスイスも軍隊を保有している。相手国との軍事力の差が大きくなるほど戦争が起きやすくなる。日本が「平和」を唱えたからといって平和になる訳ではない。支那や南北朝鮮、ロシアなどの反日国に囲まれているこの期に及んでまだ「一国平和主義」とは。こんな平和祈念館の建設や維持は税金の無駄遣いである。その分を防衛省の予算に回せばよかろうに。バ嘉田知事の挨拶など空疎にすぎない。

 記事を引用する。

 戦争体験を語り継ぎ、平和の尊さを学ぶ県平和祈念館が17日、東近江市下中野町の市役所旧愛東支所に開館した。記念式典で嘉田由紀子知事は「世界の恒久平和の実現に向け、自らが行動できる拠点となることを願います」とあいさつし、関係者らとテープカットした。

 開館に合わせて、遺族が持ち寄った火と地元の愛東地域の小学生が太陽光からおこした火が一つにされ「平和の燈(ともしび)」として入り口付近に展示。前庭では、原爆が投下された広島市内の学校で生き残った「被爆桜」(ソメイヨシノ)から接ぎ木した苗木2本を地元の愛東中生徒会らが植樹。鯰江彰治生徒会長(14)は「これ以上、戦争が起きないことを願い植えた」と話した。

 子どもからお年寄りまで1000人ほどが訪れ、県内の戦争体験を紹介した学童疎開や空襲、軍事施設などの展示コーナーを見て回った。お年寄りは写真や手紙などを食い入るように見ていた。

 鉄筋コンクリート2階建て、延べ床面積約3000平方メートル。旧愛東支所の建物を改修。写真や手紙など2万5260点の戦争関連資料や1306人分の戦争体験談などを収集。基本構想の策定から21年が経過して完成しただけに、開館を心待ちしていた元県遺族会長の山田利治さん(76)は「感激です。二度と戦争を起こさないこと、平和の尊さを子どもたちに伝えてほしい」と話していた。

 午前9時半~午後5時で無料。月、火曜と年末年始は休館。問い合わせは、同館=0749(46)0300=へ。 (前嶋英則)

« 障碍者を害する民主党 | Main | 「レアアース―中国はWTO協定守れ」って守るわけがないぞ、朝日新聞 »

「ニュース」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54353258

Listed below are links to weblogs that reference 「滋賀県県平和祈念館が開館」って税金の無駄:

« 障碍者を害する民主党 | Main | 「レアアース―中国はWTO協定守れ」って守るわけがないぞ、朝日新聞 »