September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 奈良の警察官発砲、2審も「適法」 大阪高裁が控訴棄却 | Main | 「非常用発電機は故障のまま 韓国原発、1カ月放置」 韓国の技術力はその程度 »

March 31, 2012

中国船の領海侵入 「戦略継続の意思表示」“筋書き通り”の展開か

 「中国船の領海侵入 『戦略継続の意思表示』“筋書き通り”の展開か」(産経新聞:3月16日)

 全く記事の通りだろう。日本には戦略も筋書きもない。

 記事を引用する。

 中国の海洋調査・監視船が尖閣諸島周辺の日本の領海内に侵入したことを受け、海上保安庁など関係者の間では中国側の真意を測りかね臆測が飛び交った。

 海保幹部によると、「海洋調査船は国家の何らかの意図が働いて行動しているのは間違いない。侵入は偶発的ではない」と指摘する。海監は、海底地形の測量や領海警備まで行い中国の海洋権益を守る立場であるため、昨年8月に同じく領海に侵入した漁業監視船とは意味合いが異なる。中国中央テレビが昼のトップニュースで伝えるなど、中国側の反応も早く、“筋書き通り”の展開との見方もある。一方、別の海保関係者は、「中国版海上保安庁」の創設構想が中国内で浮上する中、以前からある機関が組織防衛のアピールで行動したのではないかとの声も聞かれた。

 海洋問題に詳しい山田吉彦・東海大教授は「中国の全人代(国会)が閉幕した直後で、東シナ海の戦略が今まで通りとの意思表示だ」と指摘。さらに、中国漁船衝突事件での中国人船長の強制起訴や尖閣諸島の無人島の一部命名など「日本側が進めていることへの危機感から牽制(けんせい)する狙いもあったのでは」と話す。

« 奈良の警察官発砲、2審も「適法」 大阪高裁が控訴棄却 | Main | 「非常用発電機は故障のまま 韓国原発、1カ月放置」 韓国の技術力はその程度 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54353155

Listed below are links to weblogs that reference 中国船の領海侵入 「戦略継続の意思表示」“筋書き通り”の展開か:

« 奈良の警察官発砲、2審も「適法」 大阪高裁が控訴棄却 | Main | 「非常用発電機は故障のまま 韓国原発、1カ月放置」 韓国の技術力はその程度 »