September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日新聞記者を覚せい剤使用容疑で逮捕 | Main | 前原氏 産経記者の会見出席を拒否 »

March 25, 2012

「休眠預金」成長戦略に活用 政府が検討開始、銀行業界は猛反発

 「『休眠預金』成長戦略に活用 政府が検討開始、銀行業界は猛反発」(産経新聞:2月23日)

 政府・民主党が本性を現した。10年以上取引のない預金口座の残高を取り上げてしまおうというのだ。横暴である。民主党が「国民の生活が第一」というのも大嘘であった。「銀行預金の場合は、商法の規定で5年間、信用金庫などは民法の規定で10年間、取引がないと預金者は権利を失う」というが、利用者に認知されていないのではないか。

 わしの記憶によれば、郵便貯金の場合、10年間取引のない口座は勝手に解約されて、残高が郵便局のものになるはずだ。現に数か月前、20年近く放置していた郵便貯金口座が見つかったので、残高を確認しようとしたら、既にその口座番号は解約され、他の人の名義になっていた。わしは解約した覚えは全くない。まあ残高はゼロか限りなくゼロに近かったと思うが。

 今回の問題は、休眠預金という個人財産の没収だが、条件を変えて幾らでも実行できることは明らかだ。近い将来、預金封鎖が行われても何ら不思議ではない。

 記事を引用する。

 政府は15日、「成長ファイナンス推進会議」(議長・古川元久国家戦略担当相)を開き、金融機関で10年以上お金の出し入れがない口座の「休眠預金」の一部を日本経済の成長戦略に活用する検討に入った。雇用創出や新たな産業の育成につながる起業の支援などを想定している。会合後、古川国家戦略相は「直接的に東日本大震災からの復興に使うことはないが、支援する企業が被災地にあれば、復興につながる」と述べた。ただ、銀行業界は活用に強く反発しており、実現には課題も多い。

 休眠口座は10年以上お金の預け払いがないまま金融機関に放置され、預金者と連絡が取れない口座。銀行預金の場合は、商法の規定で5年間、信用金庫などは民法の規定で10年間、取引がないと預金者は権利を失う。ただ、権利喪失後も預金者の請求があれば払い戻しに応じている。

 金融庁によると、休眠預金は銀行や信用金庫などを合計すると毎年約850億円が新たに発生し、うち約350億円が払い戻されている。残りについては、口座管理費用などを除いた上で、ひとまず収入として計上している。

 これまでも政府内に休眠預金の有効活用を求める声があり、同会議で検討に着手した。古川国家戦略相は会合後、「日本が成長していくためのお金の流れをいかによくするかを考えいく」と述べた。

 英国などでは休眠預金の一部を財団や基金に移し、福祉事業への支援などに使っている。会議ではこうした事例を参考に、第三者機関が設置する基金に休眠預金を繰り入れる案などを検討する。

 これに対し、銀行業界は「休眠口座は20年程度取引がなくても、突然引き出される場合もある」(大手)などと強く反発している。


副島隆彦「恐慌前夜」(祥伝社)
Kyokozenya

« 朝日新聞記者を覚せい剤使用容疑で逮捕 | Main | 前原氏 産経記者の会見出席を拒否 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/54309517

Listed below are links to weblogs that reference 「休眠預金」成長戦略に活用 政府が検討開始、銀行業界は猛反発:

« 朝日新聞記者を覚せい剤使用容疑で逮捕 | Main | 前原氏 産経記者の会見出席を拒否 »